【GENESISコーティング】Benz W176

BenzW(A)にGENESISコーティングを施工した後
古臭い印象、さようなら ヘッドライトアクリル樹脂コーティング

Benz Aクラス W176

今回はBenz Aクラス W176に

  1. ホイールコーティング
  2. GENESISコーティング
  3. ウィンド撥水コーティング
  4. TV・ナビキャンセラー取り付け
  5. プロテクションフィルム

の5点を施工した内容を、詳しくご紹介します。

特にウィンド撥水コーティングは見どころ情報があるので、ぜひお読みください。

お客様はディーラーのデモカーアップのお車をご購入され、納車当日にご入庫して頂きました。

施工前の状態

まずコンデションを確認していきます。

IMG

黒いピラーはどうしても傷が目立ちやすいです。

 

IMG

運転席ドア周りなどはどうしても傷がついてしまいがちです。

 

IMG

最近のメルセデスはグリルが特徴的で魅力の一つですが、掃除の観点からしますとお手入れしずらいです。

 

IMG

ドアステップもヒール痕が残っています。

 

IMG

ホイールもぱっと見はきれいなんですが、近づいて見るとホイールのボルト周りもダストが溜まっています。

一応、書いておきますと、目的は他のお店の荒探しではありません。  🙂

どこに手を掛けるべきかを事前に把握して置かないと、施工に抜けが生じてしまうからです。

ホイールコーティング

IMG

ホイールコーティングの作業です。

輸入車はダストの量が大量です。そしてホイールの裏はなかなかお手入れが難しいものです。

IMG

お客様には目に見えない裏面も丁寧にクリーニングします。

IMG

ホイール専用のコーティングを施工してピカピカのホイールになりました。

ボデイコーティング

下地処理

DSC

粘土を使って付着物除去をします。

DSC

特にサイドステップの下廻りはピッチタールも付きやすいので重点箇所です。

 

DSC

ガラスとボディの隙間等の汚れをブラシを入れてクリーニングしていきます。

 

DSC DSC

高圧洗浄機を使ってタイヤハウスの泥汚れを飛ばします。

 

DSC

エンジンルームもきれいにします。

ハイブリッド車は故障のリスクがあるのでほどほどにしますが、エンジンルームのクリーニングは全てのボディコーティングのサービスに標準で含まれております。

マスキングテープによる養生

DSC

ここからは養生です。

 

DSC

入り組んだワイパーブレード等を汚さないように養生します。

 

DSC

ドアを開けてゴム部をマスキングします。

DSC

マスキングの精度を高めることによって、磨き残しがないようにします。

DSC DSC

ミラーはこのようにマスキングします。

研磨

DSC

しっかり塗装面を見てから研磨します。

DSC

磨いた箇所の変化を確かめながら、別の箇所へと移動していきます。

DSC

最初の研磨はウールバフを用います。スポンジバフよりも研磨力が強いです。

ウールバフにも沢山の種類がありますが、淡色車でしっかりと磨くのに適したバフをセレクトしています。

 

DSC

バフも定期的にクリーニングしながら研磨する必要があります。

結構な熱が発生しますので、コンパウンドが石のように固まることもあります。

異物が入ると塗装面に円状の傷が入ってしまいます。

風が吹き込むような環境、屋外で作業しているとよりこういったトラブルになりやすいです。

DSC DSC

ウィンド撥水コーティング

今回スポットを当てたいのはウインド撥水コーティングです。

IMG

ウインド撥水コーティングはディーラーやGSでもどこでも扱われていて、DIYでもできます。

ところがエアロワイパーが多くなってきて、撥水コーティングを施工するとワイパーがびびるという問題が生じてきました。

一部の輸入車ディーラーではウインド撥水コーティングを扱っていないところもあります。

対策としてワイパーゴムをよりしなやかなシリコン系に交換する方法があります。

IMG

それでも車種によってはゴムの交換ができないものがあり、このW176もその一つです。

またアタッチメントが完全に独特の形状で、恐らくベンツ純正品しか付かないと思います。

しかし今回、ある方法でこのW176にシリコン系のゴムを装着することができました。

長年ワイパーびびりの問題に取り組んできた甲斐があって、対処の方法が見えてきました。

DSC

こちらに施工されている撥水コーティングはワイパーを使用しても一年以上持続します。

ちなみにワイパーを使用するので劣化するのではなく、砂が噛んだ状態でワイパーを使用するのでコーティング被膜が劣化するようです。

日頃から窓をキレイしておくともっと長持ちします。

サイドガラスは4,5年持続しますのでかなり期待できるコーティング剤です。

 

電装取り付け

IMG

TVナビキャンセラーを取付させて頂きました。

走行中も視聴・操作が可能となります。

尚、点検等でディーラーに入れる時にキャンセラーが動作している事が問題になる場合があります。

今回取付けたキャンセラーにはアダプターが付いていて、すぐにデフォルト状態に戻せるようになっています。

ここからは完成画像です。

完成画像

DSC DSC

ドアハンドルプロテクターも貼付させて頂きました。

 

DSC

黒いピラーも鏡のようになりました。

 

DSC

ドアステップも美しいです。

 

DSC DSC DSC DSC

 

DSC DSC

 

DSC DSC

隅々までクリーニングされて輝きを増し加えたW176

洗練されたデザインが一層引き立ちます。

ボディコーティングやホイールコーティングに加えて、ウインド撥水コーティングのノウハウも構築してきました。

あらゆる車種を扱ってきた経験を活かして皆様のお役に立ちたいと思います。

この度の当店のご利用誠にありがとうございました。

GENESIS

 

 


車のクリーニングでお悩みなら、なんでもご相談ください

CARHEARTは「車のすべてを美しくする」をモットーにする神戸・宝塚のコーティング専門店です。

神戸・宝塚のコーティング専門店CARHEARTオリジナルのGENESISコーティングを施工したAlfaRomeo8cSpider

コーティング専門店ではありますが、ルームクリーニング・レザーリペアなどの内装に関わることから、カーフィルム・ステッカー貼りなど外装に関わることまで「車のすべてを美しくする」ことなら、なんでもいたします。

なんでもできる変わりに、それぞれのレベルがマチマチな器用貧乏な会社ではありません。

お客様に「プロの仕事」とご満足いただけるように、試行錯誤を繰り返し、プロの品質でご提供できるサービスしかリリースしておりません。

また、万が一ご満足いただけなかった場合に、理屈をこねて責任回避しようとする不誠実な会社でもありません。

神戸・宝塚のコーティング専門店CARHEARTオリジナルのGENESISコーティングを施工したフェアレディZ

CARHEARTは創業の1993年以来、様々なお車のご用命をいただき続けてきました。

よく見かけるお車から、生産台数が限られている珍しいお車まで、また施工が難しいと言われる高難度の技術が必要とされるお車までコーティングやその他のサービスを提供してきました。

これらのサービスは全て、お客様のご要望・ご相談が始まりです。

もし、何か車のクリーニングやコーティングのことでお悩みでしたら、一度CARHEARTに相談してみませんか?

お問い合わせ後の営業などは行っておりませんので、どうぞ安心してお尋ねください。

※相談・見積もり無料