【新しくなりました】ヘッドライトアクリル樹脂コーティング

TOYOTARAVの曇ってしまったヘッドライトの右側だけ研磨したところ

ヘッドライトクリア塗装の次世代バージョンとして、ヘッドライトアクリル樹脂コーティングを正式リリース致しました。

愛車のヘッドライト、曇っていませんか?

ヘッドライトコーティングを施工する前のTOYOTA WISH

車のヘッドライトは、1990年代から徐々にガラス製からポリカーボネート製(樹脂製)へと変わってきました。

それは軽量化によって燃費を良くしたり、コストを安く抑えるために、また事故発生時に破片が飛散しないようにして安全性を上げるためでした。

しかし、ポリカーボネードのクリアレンズはメリットも多い反面、様々な原因によって4・5年もすると徐々に曇りや黄ばみが生じるというデメリットがあります。

(ヘッドライトがまだ黄ばんでいない方は、プロテクションフィルムでヘッドライトを保護することをオススメします。)

ヘッドライトが黄ばむ原因

ヘッドライトが黄ばむ原因にはどのようなものがあるでしょうか?

主に4つの原因があります。

・紫外線

ポリカーボネートのヘッドライトは紫外線に弱い

ポリカーボネートは耐衝撃性・透明性に優れているのですが、太陽光(紫外線)には弱いという弱点があります。

車のボディ同様、むき出しのヘッドライトもずっと紫外線を浴びます。

ですから、外に出しておく時間に比例して黄ばんでいきます。

・熱

電球

ポリカーボネートは耐熱温度が120℃~130℃で、樹脂の中では高めの耐性を持っています。

しかし、耐えられる温度であっても高温は樹脂にとってよくありません。

レンズカバーの裏にあるライトバルブ(電球)が使用中は高温になるため、その熱がヘッドライトに伝わり、じわじわと劣化させ黄ばみの原因になります。

・傷

車で使用されているパーツ全てに言えますが傷がつくことは劣化の原因になります。

ヘッドライトはフロントに付いているため、特に傷がつきやすい部分です。

小さな傷であっても、それが劣化によって徐々に大きくなると汚れが入り、黄ばみを促進させます。

・ヘッドライトの被膜の劣化

ヘッドライトが曇ってしまったTOYOTARAV。購入から年以上経っているそうです。

ヘッドライトは紫外線などによる攻撃にさらされています。

それを未然に防ぐために保護層としてハードコートが塗装されています。

しかし、このハードコートも劣化してゆき、その過程でヘッドライトが黄ばんでいきます。

このように様々な原因により、ヘッドライトは劣化してゆきます。

黄ばみによるデメリット

ヘッドライトが黄ばむ・劣化することでどんなデメリットがあるでしょうか?

・車の美しさが損なわれる

ヘッドライトが黄ばんでしまったポルシェ 
ヘッドライトが黄ばんでしまったポルシェ911のポジティブランプ

こちらはヘッドライトコーティングでご入庫いただいた時のポルシェ911のヘッドライトです。

911シリーズはポルシェを代表するデザイン性の優れた車の1つでありますが、ご覧のようにヘッドライト・ポジションランプが黄ばみとシミで車の輝きが損なわれてしまっています。

このようにどんな高級車でも、またどれだけボディが綺麗でもヘッドライトが曇っていると、車の印象が古く感じるようになり、美しさが損なわれます。

・ヘッドライトがひび割れてしまう


原因の1つにも取り上げましたが、ヘッドライトは傷がつきやすいパーツで、それが黄ばみの原因となります。

もし、傷が原因の黄ばみを放置しているとその傷が拡大していったり、また紫外線の影響でヘッドライトの表面に細かなひび割れが発生しやすくなります。

そのひび割れにより黄ばみが内部まで入り込んでしまうと、交換する以外に黄ばみを消す方法がなくなります。

・夜間走行での危険

ヘッドライトが曇っていると夜間走行が危なくなります。

夜間にライトを点灯しても曇りガラスを通して照射することになるので、光量不足で危険な状態で運転しなければなりません。

危険な状態になってしまうため、光量不足は車検でも悪影響がでます。

・車検が通らなくなる可能性が上がる

先程も触れたように、ヘッドライトは安全に夜間に走行するための重要なパーツです。

ですので、ヘッドライトなどの灯火類には法律で細かい規定がなされています。

数年前にヘッドライトの検査規準が厳しくなったので、曇っていると車検を通らない可能性が高くなります。

これまでの黄ばみ除去の方法

このようにヘッドライトが黄ばんだまま・曇ったままであることにはデメリットがあります。

では、このデメリットを除去するためにどんな方法があるでしょうか?

ヘッドライトの交換とヘッドライトの研磨

ポルシェ911カレラSにヘッドライト研磨をしているところ

以前はヘッドライトそのものを交換するか、黄ばんだレンズを研磨するしかありませんでした。

しかし、交換になると片側でも数万円はかかってしまい、大きな買い物になりました。

ヘッドライトの研磨は交換に比べると安価でそれほど難しくはなく、とりあえず研磨すれば一旦はクリアなレンズになります。

しかし問題があり、研磨により保護層であったハードコートを失ってしまいます。

ポリカは大変デリケートな素材なので、ハードコートがなくなりますと外的要因でヘッドライトがすぐに傷んで、くすんでしまいます。

CARHEARTではすぐにくすまないように、ハードコートの代わりにコーティング剤をハードコートの代わりに塗って保護するようになりました。

ところが、こちらも施工後短期間でレンズが元のようにくすんでしまいました。

ヘッドライトクリア塗装

img_3483

しかし、長年の試行錯誤により施工後、長期間に輝きが維持できるように「ヘッドライトクリア塗装」を編み出しました。

カー用品店やガソリンスタンドの類似品では半年や3か月でまたくすんだ状態に戻ることがほとんどですが、CARHEARTでは3年間透明を維持する専用コート剤とボディコーティング剤のGENESISコーティングの二重構造でヘッドライトを保護する手法にたどり着きました。

ヘッドライト研磨で劣化したハードコートを磨き落とし、丁寧な研磨で新車のような透明感を復元させ、耐久性に優れたコーティング剤を2重にコーティングするヘッドライトクリア塗装は、多くのお客様にご愛顧頂きました。

ヘッドライトアクリル樹脂コーティング

そして、今回新たにヘッドライトクリア塗装の次世代バージョンとしてヘッドライトアクリル樹脂コーティングを導入いたしました。

何種類かテストしてきた中でも、格段に性能が良いヘッドライト専用コーティング剤です。

ヘッドライトアクリル樹脂コーティングは、たくさんのメリットがあります。

その名の通り、ヘッドライトにアクリル樹脂が主成分のコーティング剤を塗ります。

ヘッドライトのポリカーボネートよりも耐候性に優れ、傷にも強い特性を持ちます。

アクリル樹脂は日光による劣化がほとんどありませんので効果は5年は持つとメーカーは推奨しています。

toyota wish headlight coating

このようにヘッドライトクリア塗装よりも多くのメリットを持つコーティングですが、ただ1つだけデメリットがあります。

晴天であれば5時間で施工を完了できるのですが、雨天時は硬化がうまくいかないので施工を延期とさせていただいています。

ヘッドライトコーティングが施工できる日までCARHEARTに預けることも可能です。(※車庫の状況によって変わる場合がございます。ご了承ください。)

【ヘッドライトアクリル樹脂コーティング】TOYOTA WISH

施工の流れ

こちらはヘッドライトクリア塗装の場合ですが、施工の過程はほとんど変わっていません。

PEUGEOT 307

施工前

10年以上経ったPeugeot 307です。ヘッドライトが曇っています。

0102

アップにすると曇り具合がよくわかります。

実写ではかなり傷んでいて、透明感が無くなっていました。

バンパーの劣化からその過酷な環境がわかります。

0101_2

では、このヘッドライトをどのように修復していくのでしょうか。

1.何種類ものペーパーを使って傷んだハードコート層を落としていきます。

0103_2

2.次にポリッシャーでさらに磨き上げていきます。

0104

新品のように美しくなりました!!

0105

しかし、ここからが問題です。

この新品のように美しいレンズはハードコート層が削り取られているためしっかりとした保護剤が必要です。

各種専用コーティング剤もありますが、意外とこの太陽光とバルブという熱源にさらされる過酷なレンズを守るには不十分のようです。

そこでカーハートが採用したのが研磨後のクリア塗装です。

3.エアガンによるクリア塗装。

0106

エアガンを用いてクリア塗装をしていきます。

しっかり乾燥させて、もう一度磨いて完成です。

4.完成

0109

完成しました!!

キラキラと透明感が取り戻されかつ、しっかりとしたクリア層がレンズを保護してくれています。
この上からさらにガラスコーティング(現在ではGENESISコーティング)を塗布して仕上げます。最強のプロテクションとなります。

0112

ヘッドライトが変わると印象がガラリと変わります。

施工実績

ヘッドライトアクリル樹脂コーティング

TOYOTA WISH White

Before

ヘッドライトコーティングを施工する前のTOYOTA WISH ヘッドライトコーティングを施工する前のTOYOTA WISHのヘッドライト ヘッドライトコーティングを施工する前のTOYOTA WISHのヘッドライト

After

ヘッドライトコーティングを施工した後のTOYOTA WISHのヘッドライト ヘッドライトコーティングを施工した後のTOYOTA WISHのヘッドライト ヘッドライトコーティングを施工した後のTOYOTA WISHのヘッドライト

TOYOTA WISH Black

Before

 toyota wish headlight coating 3 ヘッドライトコーティングとボディーコーティングを施工する前ののTOYOTAのWISH

After

ヘッドライトコーティングとボディーコーティングを施工したあとのTOYOTAのWISH ヘッドライトコーティングとボディーコーティングを施工したあとのTOYOTAのWISH

 

ヘッドライトクリア塗装

COROLLA FIIELDER

Before

corollafielder1

AFTER

corollrafilderfin

【ヘッドライトクリア塗装】ヘッドライト研磨最新情報

ダイハツ MOVE

Before

ヘッドライトクリア塗装を施す前のダイハツMOVEの曇ったヘッドライト

After

ヘッドライトクリア塗装を施した後のダイハツMOVEのヘッドライト

【ヘッドライトクリア塗装】MOVE

最新・その他の施工実績はこちら

時間

ヘッドライトアクリル樹脂コーティング: 5時間

料金(税別)

国産車 輸入車
ヘッドライトアクリル樹脂コーティング(左右セット) ¥25,000 ¥25,000
補足:①片側の場合は半額になります。②雨天の場合、晴天になるまで預けていただく形になります。晴天まで待つのが難しい場合、雨天でも施工可能なヘッドライトクリア塗装(一泊二日/¥40,000)をオススメします。

おすすめ情報

ヘッドライトプロテクションフィルムは、ヘッドライトがまだ曇っていない方へもおすすめです。

ヘッドライト樹脂コーティングと一緒にプロテクションフィルムの施工がオススメ
ヘッドライト樹脂コーティングと一緒にGENESISコーティング、プレミアムパックをご依頼なら5000円引き