メッキパーツのシミについて

img

Audi A6

輸入車によく見受けられる、メッキについてしまった頑固なシミについてです。

img_5819

img_5820
こんな感じで、モールやルーフレールのメッキパーツにシミがついてしまいます。

表面だけについたものならそれほど苦労せずに落とせるのですが、画像のように深くまで浸透しているような場合、綺麗に落とすのは非常に難しいです。
どのように消すのかと言いますと、

img_5823
このようにしっかりとマスキングして、メッキ専用のコンパウンドで磨きます。

形状にもよりますが、ポリッシャーなどのツールがうまく当たらないことが多いため最終的には手磨きです。
根気と体力が必要な大変な作業です。
ちなみにこのA6の場合、かかった時間は延べ10時間を超えてしまいました。
ここまでかかっても実は完全に除去することはできませんでした。

思い切って新品に交換する方が費用対効果が高い事も。

特にアウディ、フォルクスワーゲンは難しいようです。ご参考までに。
どちらがお得か、ご相談させて頂きますのでお気軽にお問合せください。

下のリンクをクリックすると、それぞれの記事一覧ページへと移ります。