【GENESISコーティング】Alfa Romeo 8C Spider

AlfaRomeoCSpiderにGENESISコーティング、ウィンド撥水コーティング、ホイールコーティング、幌撥水コーティング、プロテクションフィルムを施工し完成した写真。ベストショット。
Ferrari 488 Spider のハンドルにレザークリアコートを施工しているところ
PayPayを導入しました。

いつもお世話になっていますお客様より大変希少なお車のご用命を頂きました。

私も雑誌でしか見たことのないAlfa Romeo 8C Spider(アルファロメオ8Cスパイダー)です。

世界で500台だけ生産され、国内ではわずかな数しかない希少なお車です。

alfaromeo8cspiderbefore

このお車に

  1. プロテクションフィルム
  2. GENESISコーティング
  3. ウィンド撥水コーティング
  4. ホイールコーティング
  5. 幌撥水コーティング

の5点を施工させて頂きました。

それぞれの施工の様子とポイントをお届けします。

プロテクションフィルム

alfaromeo8cspiderheadlight1

ヘッドライトのプロテクションフィルムの施工もご依頼いただきました。

しかし、希少な車だけにコンピューターカットのデータがありませんでした。

そこで手作業でフィルムの型取りをして作成いたしました。

alfaromeo8cspiderheadlight2

丸い形状のヘッドライトに平面のフィルムを合わせますと、どうしてもフィルムがダブついてシワになってしまいます。

alfaromeo8cspiderheadlight3

それでもMINIの記事でご紹介したように様々な道具と、CARHEART熟練の職人技によりシワが無くなるようにフィットさせることができました。

大変高価なお車ですので、繊細なパーツに予め対策をしておくのは賢明かと思います。

GENESISコーティング

施工の要である、GENESISコーティングの施工をご紹介します。

alfaromeo8cspidercoating21

カーボン製のボディパネルとのことで、あまり熱が出ないように慎重に研磨していきます。

alfaromeo8cspidercoating18 alfaromeo8cspidercoating19

ストーンガードを磨いています。年式としては6年も経過していますので黄ばんできています。

新品と貼替えれば良いのですが、長年貼ってあったストーンガードは剥がす時に塗装もめくれるリスクがあります。

ここは安全策として磨きで黄ばみを改善することにしました。

alfaromeo8cspidercoating20 alfaromeo8cspidercoating1

大変希少で高額なお車であることに加えカーボン製のパネルですので、いつも以上に緊張感を持って磨きに取り組みました。

無事に研磨は完了しました。

alfaromeo8cspidercoating7

しかし磨きは終わりましたがボディが綺麗になった分、ストーンガードの黄ばみが気になります。

もう少し手をかけてみたいと思います。

alfaromeo8cspidercoating3 alfaromeo8cspidercoating2

いつもそうですが、納得できるまで手は尽くします。

alfaromeo8cspidercoating4 alfaromeo8cspidercoating5

改めて部分的に磨くことで、研磨前より白くなりました。

下のリンクをクリックすると、それぞれの記事一覧ページへと移ります。