お問い合わせはこちら

営業時間 9:00-18:00 | 日曜定休

あらゆるダメージから車体を守り続けるプロテクションフィルム

【あらゆるパーツを保護】プロテクションフィルム(PPF)

プロテクションフィルムとは?

「新しく購入する車に小さな傷やヘコミを付けたくない
綺麗な状態で乗り続けたい
「車のデザインを損なう派手なモールは付けたくない」

購入時は綺麗でも徐々に増えてくる傷。
それでもできれば傷が無いキレイな状態で乗り続けたいのが、オーナーの皆様の共通の願いです。

しかし、車のデザインを損なうゴツゴツした派手なモールやプレートを付けたくないとも思います。

見た目をほとんど変えず、傷やヘコミから守って車に乗り続けたい方にオススメなのがプロテクションフィルムです。

物理的ダメージ 飛び石・砂利・荷物の金具・靴底・爪先 様々な汚れ 雨染み・鳥糞・虫の死骸・花粉・黄砂 ※汚れには強いですが定期的な洗車が必要になります。

プロテクションフィルムは車の美しさを維持しつつ、長期間にわたる保護を提供する理想的なフィルムです。

プロテクションフィルムはわずか150ミクロン(0.15ミリ)という薄さながら、車のボディを日常の傷や汚れから守る強力な盾になります。この透明のフィルムはその驚異的な柔軟性で約4倍まで伸び、飛び石やゴルフバッグの金具、靴の裏などからの衝撃を吸収します。

さらにこのフィルムは最大97%の紫外線をカットし、車の塗装の退色やヘッドライトの黄ばみを防ぎます。その透明度は非常に高く、施工されているかどうかを見分けるのが難しいほど。つまり車のデザインを損なうことなく、愛車を守ることができます。

XPEL認定施工店のカーハート

XPEL認定施工店 株式会社カーハート

愛車を飛び石や洗車キズなど、日常のあらゆる傷や汚れから守るプロテクションフィルム。

カーハートはXPEL認定施工店として、あらゆるお車に対して最高品質のプロテクションフィルムを提供しております。

透明フィルムからステルス(マット仕上げ)、スモーク、カーボン、そしてフロントガラス専用フィルムまで、幅広いオプションを取り揃えており、お客様のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

XPELとは

XPELは1997年にアメリカで誕生したプロテクションフィルムメーカーです。自己修復機能を持つ革新的なプロテクションフィルムを2011年に市場に投入しました。現在は世界83カ国で使用される最も有名で高品質なプロテクションフィルムブランドへと成長しました。

主な施工実績

プロテクションフィルムの施工実績は数多くございます。

国産車から輸入車、人気のSUVから希少なラグジュアリーカーまで幅広く施工しております。

日産 GT-R R35

プロテクションフィルムを施工した2024年モデル 日産 GT-R R35 ワンガンブルー

施工内容

  1. プロテクションフィルム / フロントフルカバーキット(フロントバンパー,フルフード,フロントフェンダー,ヘッドライト)
  2. プロテクションフィルム / ドア(左右一式)
  3. プロテクションフィルム / サイドミラー

詳しくはこちら

BMW Z4 M40i フローズングレー (G29) 

フロントバンパーやボンネットなどにプロテクションフィルムを施工したBMW Z4 M40i フローズングレー (G29)

施工内容

  1. プロテクションフィルム / フロントカバーキット(ボンネット、フロントバンパー、ヘッドライト)
  2. プロテクションフィルム / サイドミラー
  3. プロテクションフィルム / Aピラー
  4. プロテクションフィルム / ロッカーパネル
  5. プロテクションフィルム / ドアステップ
  6. プロテクションフィルム / ドアカップ(ドアハンドル)
  7. プロテクションフィルム / ドアエッジ

詳しくはこちら

PORSCHE Cayman GT4 RS 

施工内容

  1. プロテクションフィルム / フロントフルカバーセット(フロントバンパー、フルフード、フロントフェンダー、ヘッドライト)
  2. プロテクションフィルム / サイドミラー
  3. プロテクションフィルム / ロッカーパネル
  4. プロテクションフィルム / Aピラー
  5. プロテクションフィルム / ドア
  6. プロテクションフィルム / リアバンパー
  7. プロテクションフィルム / リアフェンダー
  8. プロテクションフィルム / エンジンカバー
  9. プロテクションフィルム / ルーフ
  10. プロテクションフィルム / テールランプ
  11. ウインド撥水コーティング
  12. シリコンワイパーゴム交換 輸入車

詳しくはこちら

PORSCHE 911 Dakar 

アクセサリー・キャリアー取付、ラリー 1974 デカールセットとフルプロテクションフィルムを施工したポルシェ 911 ダカール シェードグリーンメタリック

施工内容

  1. フルプロテクションフィルム
  2. ラリー 1974 デカールセット

詳しくはこちら

Lamborghini Huracán EVO Spyder 

コーティングやプロテクションフィルムなどを施工したウラカン エボ スパイダー ブルー・ルマン

施工内容

  1. プロテクションフィルム / フロントフルカバーキット
  2. プロテクションフィルム / フロントガラス / DYNOflex
  3. ボディコーティング
  4. プレミアムパック(ホイールコーティング,ウィンドウ撥水コーティング/全面)

詳しくはこちら

FERRARI SF90 Stradale - フルプロテクションフィルム

フルプロテクションフィルム、レザーコーティング、ボディコーティングを施工したFERRARI SF90 Stradale

施工内容

  1. プロテクションフィルム / フル(マット仕上げの箇所も含む)
  2. レザーコーティング / 運転席・助手席・トリムなど
  3. ボディコーティング
  4. プレミアムパック(ホイールコーティング,ウィンド撥水コーティング/全面)
  5. シリコンワイパーゴム交換

詳しくはこちら

最新の施工実績

コーティングやプロテクションフィルムを施工したフェアレディZ (RZ34) プリズムホワイト

【コーティング】NISSAN Fairlady Z (...

塗装やラッピングフィルム、プロテクションフィルムなどでブラックアウトしたメルセデス ベンツ G400d

【ブラックアウト】Mercedes-Benz G400...

フロント周りやストーンガードにプロテクションフィルムを施工したポルシェ 718 ケイマン パイソングリーン

【プロテクションフィルム】PORSCHE 718 Ca...

コーティングやプロテクションフィルムを施工したRX500h ホワイトノーヴァガラスフレーク

【コーティング】LEXUS RX500h ホワイトノー...

電動サイドステップ取付などを行ったブラックアウトされたメルセデス ベンツ G400d

【電動サイドステップ取付】Mercedes-Benz ...

プロテクションフィルムの施工実績一覧

ステルス(マット)・フロントガラス・スモーク・カーボンのプロテクションフィルムもご用意

カーハートでは多彩なプロテクションフィルムを取り揃えています。

特に、近年のトレンドであるマット塗装車に最適なステルス(マット)フィルムをはじめ、フロントガラス、スモークやカーボンのプロテクションフィルムもご用意しています。

マット塗装のように見せることも可能なステルスプロテクションフィルム

ステルスプロテクションフィルムはマット塗装に施工しても、マットの質感を損なわずに保護できるフィルムです。

このフィルムは通常の塗装にも施工が可能で、通常の塗装に施工するとマット塗装のような質感の1台に仕上げることが可能です。

またマット塗装は汚れや傷が目立ちやすく、一度損傷すると修復には再塗装が必要となりますが、プロテクションフィルムを貼ることで質感を損なわずに保護することが可能です。

マット塗装の保護について詳しくはこちら

フロントガラス専用のプロテクションフィルム

プロテクションフィルムを施工したメルセデス・ベンツ G400d(ゲレンデヴァーゲン)のフロントガラス

飛び石でひびや割れるケースがあるフロントガラスにもプロテクションフィルムの施工が可能です。

最近の車のフロントガラスは運転支援機能などで高機能化しており、交換になると50万円以上かかるケースも。

プロテクションフィルムを施工することで飛び石などから守り、交換のリスクを下げることができます。

カーハートではフロントガラス専用プロテクションフィルム STEK DYNOflexを施工しております。

フロントガラス専用のため透明度が高く、ドライブの妨げになりません。

フロントガラスのプロテクションフィルムについて詳しくはこちら

スモーク・カーボンのプロテクションフィルム

カーボンプロテクションフィルム STEK社 DYNO blackcarbon:glossを施工したマセラティ ギブリのピラー

スモークやカーボン調のプロテクションフィルム、DYNOcarbonblack、DYNOshade・DYNOsmokeもご用意しております。

ヘッドライトやテールランプのスモーク化、ピラーやドアミラーなどをカーボン化することができます。

保護するだけでなく、カーボンやスモークを加えることでオンリーワンの1台に仕上げることが可能です。

スモークのプロテクションフィルムについて詳しくはこちら カーボンのプロテクションフィルムについて詳しくはこちら

施工範囲と施工後の仕上がりについて

プロテクションフィルムはボディ、モール、ガラスなどに施工が可能です。

実際に施工した写真と共に施工箇所をご紹介いたします。

なお、オレンジの線で施工箇所を示していますが、折り返して施工しているものもございます。

また掲載の無い箇所でも施工することが可能です。お気軽にご相談ください。

ヘッドライト

プロテクションフィルムを施工したLEXUS RC のヘッドライト

このようなダメージに対応できます

紫外線による黄ばみ、飛び石

車の目でもあるヘッドライト。ヘッドライトは保管状況によっては3-5年ほどで黄ばみが発生してしまいます。プロテクションフィルムは黄ばみの原因である紫外線を90%以上カットしますので、黄ばみが発生するのを抑えることができます。

また飛び石などのダメージからも保護することができます。(※)

ヘッドライトの交換には片側1基で10~50万円ほどかかりますので、綺麗になうちに特に早く施工されることをおすすめしております。

※スピードや角度によっては貫通する場合がございます。

ヘッドライトへのプロテクションフィルムの施工実績一覧はこちら

ドアカップ(ドアハンドル)

このようなダメージに対応できます

爪の引っかき傷

乗り降りするたびに爪で引っかきやすいドアハンドル(ドアカップ)。

数年経過しますと細かく付いた傷に汚れが溜まり汚く見えます。

傷が付いてもある程度は研磨で落とすことができますが、ハンドル(持ち手)があるため全て落とすことはできません。綺麗な状態でプロテクションフィルムを貼っておくと貼り替え時に綺麗な状態に簡単に戻すことができます。

ヘッドライトへのプロテクションフィルムの施工実績一覧はこちら

ドアステップ・スカッフプレート

プロテクションフィルムを施工したポルシェ マカン GTSのドアステップ

このようなダメージに対応できます

乗降時に靴先やヒールの底などで蹴ったり踏み込みで生じる傷

乗り降りの際に蹴ってしまいやすいドアステップ/スカッフプレートの傷。

特に車高の高いSUVは小さなお子様などには乗りにくく、ドアステップ周りを踏み込まないと乗り降りが難しい時があります。

こういった時に生じる傷をプロテクションフィルムが保護いたします。

ドアステップへのプロテクションフィルムの施工実績一覧はこちら

ロッカーパネル

プロテクションフィルムを施工したホンダ シビック タイプ R (FK8型) チャンピオンシップホワイトのロッカーパネル

このようなダメージに対応できます

乗降時に靴先やヒールの底などで蹴ったり踏み込みで生じる傷

ドアステップ同様に乗降時に傷をつけやすいパーツです。ドアステップとは違い傷が外から見えやすいです。

ゴルフバックや車椅子など大きな荷物を乗せることが多く、ドア周りを傷つけやすい方にオススメです。

ロッカーパネルへのプロテクションフィルムの施工実績一覧はこちら

リアバンパーゲートステップ

プロテクションフィルムを施工したBMW X3 M40D (G01) アルピン・ホワイトのリアバンパーゲートステップ

このようなダメージに対応できます

ゴルフバック、トランクケースなどの荷物を出し入れ時に付く傷

ゴルフバック、トランクケースなど大きく金具の付いた荷物を出し入れする時に引っ掛けやすいリアバンパーゲートステップ。

こちらもプロテクションフィルムで保護することができます。

リアバンパーゲートステップへのプロテクションフィルムの施工実績一覧はこちら

メッキモール(トリムモール)

プロテクションフィルムを施工したマセラティ レヴァンテのメッキモール

このようなダメージに対応できます

様々な要因で発生する白濁や劣化、傷

1-3年程度で白濁(白ボケ)や劣化が始まるメッキモール。

これまでは白濁化してから研磨しコーティングのみ綺麗に維持する方法はありませんでした。

しかし、最近では白濁化の前にプロテクションフィルムで綺麗な状態を維持することができました。

メルセデス・ベンツやBMW、フォルクスワーゲン、ポルシェなど白濁化しやすい欧州車メーカーのお車にオススメの施工箇所です。

メッキモール(トリムモール)へのプロテクションフィルムの施工実績一覧はこちら

ストーンガード

PORSCHE 911などのスポーツカーに多く貼られているストーンガード。

実はストーンガードもプロテクションフィルムの一種です。

こちらも時間の経過と共に徐々に黄ばみが始まり綺麗には見えなくなります。

劣化が進行しすぎるとひび割れた状態になり、剥離が非常に難しくなります。

なるべく早めの交換をおすすめしております。

プロテクションフィルムは自由の施工範囲を変えることができるため、貼替え時により広い範囲を保護することも可能です。

このようなダメージに対応できます

巻き上げた石のダメージ

ストーンガードの施工実績一覧はこちら

ボンネット、バンパー、フェンダーなどその他のパーツ

プロテクションフィルムはボディ色であれば基本的にどのパーツでも施工できます。

走行中に飛び石の当たりやすいボンネット、フロントバンパー、フェンダーなどがその一例です。

このようなダメージに対応できます

飛び石、傷、汚れ、紫外線など

あらゆるパーツを保護できます

お問い合わせ・ご予約はこちら

無料見積もり実施中

プロテクションフィルム施工のアフターフォロー

プロテクションフィルムは収縮の関係で大きな浮きや剥がれが発生することがあります。

これらの問題は施工後1ヶ月以内に生じる場合があります。

スリット入れや貼替えなどの対応を行いますので、お気軽にご連絡ください。

カーハートのプロテクションフィルムが選ばれる理由

プロテクションフィルムは、カー用品店やディーラーでも確かに手に入ります。

カーハートのプロテクションフィルムと何が違うのでしょうか。

こちらのリンクをご覧ください。

市販品・ディーラーとカーハートのプロテクションフィルムの違い

プロテクションフィルムについてよくいただく質問

Q.プロテクションフィルムの施工箇所と未施工箇所で何か違いが出たりしますか?

施工された箇所とそうでない箇所との間に大きな差が生じることはありません。

少し離れた距離からでは、フィルムの有無を判別することは不可能です。フィルムの端を細かく観察しない限り、施工の有無を見分けるのは困難です。

実際に施工されたオーナー様が施工後の車を見て「貼ってあるかどうか本当に分からない」とご感想をいただきます。

施工後5年程度は見た目に大きな変化はありませんが、紫外線や経年変化により施工箇所によっては5年以上経過するとフィルムに劣化が見られることがあります。この場合、フィルムを貼り替えることをお勧めします。(使用状況や保管状況で異なります。例えばほとんど乗らずにガレージで保管されている車と毎日使用し青空で駐車している車では受けるダメージが異なります。)

実例 : Mercedes-AMG G63 マグノナイトブラック

フロントバンパー、ボンネット、グリル、左右フェンダー、ヘッドライトにプロテクションフィルムを施工したAMG G63です。

どのぐらいの距離でフィルムの端が確認できるかをご覧ください。

この距離まで近づかなければフィルムが貼ってあるかどうか分かりません。

未施工面との比較はこちらの施工実績からご覧いただけます。

Q.プロテクションフィルムはどのくらいの期間もちますか?

保管状況や使用状況で変わりますので下記の年数はあくまでも目安とお考えください。
メーカーは10年の耐用期間があるとしていますが、目安は5年程度とさせていただいております。

保管や使用状況によって短くなる場合もあれば、長くなる場合もございます。

改良によってプロテクションフィルムは黄ばみや物理ダメージに強くはなっているものの、完璧に防げるものではありません。素材がポリウレタンであるため紫外線による劣化や飛び石や爪や靴底などによる物理的ダメージが徐々に蓄積されます。

黄砂や花粉等がフィルム表面の穴に入り黄ばみとなることがありますが、これは専用のクリーナーなどを使うことで落とすことができます。

Q.プロテクションフィルムに異物噛みなどは生じますか?

多くのプロテクションフィルム施工店やメーカーが認めているようにフィルムの性質上、施工箇所によっては異物噛みや熱成形時の縮れ跡などが生じます。

異物噛みは一般的な距離で目立つレベルのものは生じませんが、じっくり至近距離で見ると見えるものがいくつか発生することがあります。

これはフィルムの性質の問題のためカーハート以外のショップで施工した場合も生じます。

施工は最大限の注意を払って行いますが完全には防ぐことはできません。

ご理解のほどお願いいたします。

カーハートでは明らかに異物噛みが多くクオリティが低いと判断した場合、貼替えを行って納車しております。

Q.貼るタイプとスプレータイプのプロテクションフィルムにはどのような違いがありますか?

プロテクションフィルムには貼るタイプとスプレータイプの二種類があります。

貼るタイプはカットされたフィルムを貼り付ける方法であり、スプレータイプはスプレーで吹き付けて乾燥させる方法です。

どちらも車を保護するプロテクションフィルムとして優れていますが、コストや施工時間などの違いがあります。

貼るタイプのプロテクションフィルムの特徴

  1. 施工方法:カットされたフィルムを貼り付ける方法です。
  2. 施工の柔軟性:パーツによっては巻き込んで施工しますが、パネル間の隙間が狭い場合は巻き込みが困難です。
  3. 視認性:一目見ても貼ってあるかどうか分かりません。じっくり見ると断面や境目が見えることがあります。
  4. コスト面:パーツを脱着せずに施工するため、脱着費用がかからずコストが抑えられます。
  5. クリーニング:断面に汚れが蓄積することがありますが、クリーニングが可能です。使用状況や保管状況によって異なりますが、屋内保管やあまり乗らないお車の場合、汚れが蓄積することもありません。傾向として黒などの濃色車ではほとんど目立たず、白などの淡色車で見えることがあります。

スプレータイプのプロテクションフィルムの特徴

  1. 施工方法:スプレーで吹き付けて乾燥させる方法です。
  2. 施工の柔軟性:パーツは脱着して一つ一つスプレーで施工します。どのような形状のパーツにも対応可能です。
  3. 視認性:一目見ても貼ってあるかどうか分かりません。継ぎ目が出ないため、じっくり見ても分かりません。
  4. コスト面:パーツの脱着が必要で脱着費用がかかり、塗装ブースも使用するなどの理由で貼るタイプに比べて1.5倍程度高価になります。

貼るタイプのプロテクションフィルムは費用面や施工時間の短縮に優れています。パーツの脱着を必要としないため、経済的かつ効率的です。

スプレータイプのプロテクションフィルムは費用はかかりますが継ぎ目が無い仕上がりが特徴です。

Q.施工は自社で行っていますか?

はい、プロテクションフィルムの施工は全て自社で行っています。

施工は本社もしくは近隣に整備した作業場で行っております。

現在、建設中の本社横の新社屋でも施工を行う予定です。


その他、おすすめの施工内容や対応する施工範囲、洗車やメンテナンスなどプロテクションフィルムについてよく頂く質問への答えは下記をご覧ください。

プロテクションフィルムについてよく頂く質問

料金 / 施工時間

ドアエッジ / 1面 / 3,300円

ドアカップ / 1面 / 4,400円

ヘッドライト / 33,000円 ~ 44,000円

ドアステップ / 1面 / 8,800円 ~ 15,400円

リアバンパーゲートステップ / 13,200円 ~ 18,000円

ボンネット / 99,000 ~ 121,000円

フロントバンパー / 99,000 ~ 198,000円

フロントフェンダー / 99,000 ~ 198,000円

※車種によって料金が異なります。セットでの施工で割引も可能です。お問い合わせください。

施工時間は早ければ数時間から半日です。

ボンネットやフェンダーなど施工難度の高いところは1-2日かかります。

【20%OFF】プロテクションフィルム 予約キャンセル在庫一覧

お問い合わせ

愛車をプロテクションフィルムでいつまでも美しく

お問い合わせ・ご予約はこちら

無料見積もり実施中

ラッピングフィルムと合わせてブラックアウトも可能

カーハートではラッピングフィルムも施工しております。

プロテクションフィルムとラッピングフィルムを合わせることで全体を黒く覆うブラックアウト施工も可能です。

ラッピングフィルムについて詳しくはこちら

2022年12月13日