お問い合わせはこちら

営業時間 9:00-18:00 | 日曜定休

マット塗装を守る2つの方法

マット塗装を守る2つの方法

人気上昇中のマット塗装。

この種の塗装は輸入車に多く見られますが、最近では国産車の特別仕様車にも採用されるようになり、より身近な存在になっています。

この特別感あふれる塗装は非常に人気がありますが、汚れや傷がつきやすいというデメリットがあります。

そのため、購入を検討する際や購入後のケア方法について悩むオーナー様も少なくありません。

そのようなマット塗装の保護に悩まれるオーナー様に役立つ情報をまとめました。

結論としてデリケートなマット塗装を守るためには、主に2つの方法が効果的です。

それが「プロテクションフィルム」と「コーティング」です。

カーハートについて

2024年に開業30年になるカーハートは、兵庫県神戸市に位置するコーティングとプロテクションフィルムの専門店です。Mercedes-Benz、BMW、PORSCHE、Ferrari、Lamborghiniといった多様な輸入車への施工を得意としながら、国産車にも対応し、幅広い車種に高品質なカーディテイリングサービスを提供しています。

プロテクションフィルムでマット塗装を守る

XPEL STEALTHを施工しているところ

マット塗装を保護する最も効果的な方法の一つは、プロテクションフィルムを使用することです。

このフィルムは車のボディに直接貼り付けることで、外部からのダメージを防ぎます。

多くの方が懸念されるように「フィルムを貼ることで車の見た目に影響が出るのではないか」と心配されるかもしれません。

しかし、このプロテクションフィルムは高い透明度を誇り、全く目立たないレベルでマット塗装の質感を維持します。確かに非常に近い距離で見ればフィルムの端部を確認することができるかもしれませんが、一般的な距離からはその存在を感じることはほとんどありません。

こちらの画像をご覧ください。

こちらのランボルギーニ ウラカン ステラートはグリジオ チタンズというマットグレーの塗装のお車です。

ボンネットやフロントバンパー、ルーフ、リアフェンダーなどボディ全体のフル施工を行いましたが、施工前後で貼ってあることが全くわかりません。

このようにプロテクションフィルムの最大のメリットは見た目を変えずに飛び石や汚れ、洗車による細かな傷など、様々な外部要因からマット塗装を守ることができる点です。

このメリットにより長期的に車の美観を保つことが可能になり、マット塗装の繊細な質感を維持することができます。

プロテクションフィルムは単なる保護機能だけでなく、マット塗装の美しさを長期間維持するための重要な投資とも言えます。

プロテクションフィルムの2つの仕上がり

プロテクションフィルムには、艶ありと艶なしのステルス(マット)仕上げの2つのタイプが存在します。マット塗装にステルス仕上げのプロテクションフィルムを施工することで、施工前と後の外観に違いを出さずに仕上げることが可能です。

また、通常の光沢のある塗装にステルスタイプのプロテクションフィルムを施工すると、マット塗装のような仕上がりを実現できます。

XPEL STEALTHを施工する前と後のポルシェ ケイマン GT4 RS ステルスのプロテクションフィルムを施工することで通常の塗装もマット塗装のように

プロテクションフィルムが保護できるもの

物理的ダメージ

飛び石・砂利・荷物の金具・靴底・爪先

様々な汚れ

雨染み・鳥糞・虫の死骸・花粉・黄砂

※汚れには強いですが定期的な洗車が必要になります。

プロテクションフィルムは、車の塗装面を多様なダメージから強力に保護します。

高速での走行時に避けられない飛び石の衝撃、荷物を積み込む際に不慮に当たる金具、あるいは乗車時に不注意から生じるヒールや革靴による引っかき傷など、物理的なダメージから車の塗装を守ります。

さらに、プロテクションフィルムはただの物理的保護にとどまらず、雨による水染み、鳥の糞、花粉といった環境由来の汚れやダメージからも塗装を保護する能力を持っています。

これらの汚れは塗装表面に長期間放置されることで、塗装の劣化や変色を引き起こす可能性がありますがプロテクションフィルムが保護いたします。

プロテクションフィルムによる保護は、車を使用する際のあらゆるシーンでその価値を発揮します。

特にマット塗装のように繊細で傷つきやすい塗装面にとって、車を美しい状態に長期間維持するために不可欠です。

実際に保護効果を発揮したケース : Mercedes-AMG E63S

擦れて破れてしまったAMG E63Sに施工したプロテクションフィルム

駐車中に強く擦られてしまい、フィルムが裂けてしまいました。

プロテクションフィルムが保護したAMG E63S のフロントバンパー

剥がしたところフィルムが塗装をしっかりと守っており、傷一つ無い状態でした。

プロテクションフィルムを施工していなかった場合、傷がそのまま入るので鈑金塗装になり30~45万円ほどの出費が発生していましたが、プロテクションフィルムの剥離と再施工費の15万円に抑えることができました。

プロテクションフィルムを施工するメリットを大きく発揮しました。

詳しくはこちら

プロテクションフィルムのデメリット

プロテクションフィルムはマット塗装を保護する優れた方法ですが、その利用にはいくつかのデメリットがあります。

1.異物噛みや糊ズレの可能性

プロテクションフィルムの目的は車体を保護することです。

施工スタッフは施工時に100%完璧な仕上がりを目指しており、可能な限り異物の混入や糊ズレを避けるよう細心の注意を払っています。

しかし、フィルムのサイズが大きい場合や複雑な形状のパーツに施工する際には、1mmにも満たないサイズの微細な異物が入り込んだり、平面のフィルムを曲面のボディに合わせる際に薄く小さな糊ズレが発生することがあります。

発生しても微細なレベルのため一般的な距離からは目立たない程度ですが、じっくり観察すると見えることがあります。

重要な点はこれらの目立たない問題が施工スタッフの技術不足によるものではなく、フィルム施工の特性上避けがたいものであるということです。この問題はメーカーも認めています。施工スタッフはこのような問題を極力減らすために、高度な技術と経験を持って施工を行い最良の仕上がりで納車できるように努めております。

マット塗装を傷から保護する手段としてプロテクションフィルム以上のアイテムは存在せず、見た目に与える影響が小さいことを踏まえて、プロテクションフィルムの施工をおすすめしております。

2.コストと時間

プロテクションフィルムの施工は、施工する箇所によってコストと時間が大きく異なります。

小さな部分、例えばドアカップやドアステップなどに施工する場合、作業時間は数時間から1日程度で済みます。費用も数千円から1万円ほどと比較的安価です。

一方、ボンネットやフェンダーといった大きな部分に施工する場合は、使用するフィルムの量が増えるため材料費が高くなります。また、施工の難易度も上がるため、作業には1〜2日ほどの時間がかかります。費用は8~10万円前後になることが多いです。

3.施工後5~7年程度で貼替えが必要になる場合がある

プロテクションフィルムは長期間にわたって車体を保護しますが、時間が経過するとフィルム自体にもダメージが蓄積し、見た目や保護機能が低下することがあります。

また、長期間の施工後には塗装への影響を考慮してフィルムの貼り替えが必要になることもあります。

一般的には5〜7年ごとの貼り替えが推奨されていますが、具体的なタイミングは保管状況や使用状況によって異なります。

コーティングでマット塗装を守る

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJのフロント周り

マット塗装にコーティングを施すことは、多くの利点をもたらします。

コーティングにより汚れが付着しにくくなり、その結果、以下のようなメリットが得られます。

  1. 汚れが付きにくい: コーティングされた表面は、汚れやほこりが付着しにくくなります。これにより、マット塗装の美しい見た目を保ちやすくなります。

  2. 洗浄の容易さ: 汚れが付きにくくなるため、洗車の際に汚れを落としやすくなります。これにより、洗車にかかる労力と時間が削減されます。

  3. 美観の持続: 汚れが付きにくいため洗車の頻度を減らしても、車の外観を長期間キレイに保つことができます。

  4. 時間の節約: 洗車の頻度が減ることで、メンテナンスに費やす時間を大幅に節約できます。

これらのメリットは通常の塗装にも当てはまりますが、特に汚れやすいマット塗装の場合、その効果はより顕著です。

マット塗装はその独特の質感から、汚れや傷が目立ちやすいため、コーティングによる保護は非常に重要です。

しかし、マット塗装の車にコーティングを施すことが常に可能であるわけではありません。マット塗装には特有の注意が必要で、適切なコーティング材の選定や施工方法を要します。不適切なコーティング材や施工方法は、ムラが出てしまいマット塗装の質感を損なう可能性があります。

そのため、マット塗装へのコーティングは、専門知識を持つプロフェッショナルに相談し、適切な製品と施工技術を選択することが重要です。

メリットが多くても難しいマット塗装へのコーティング

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJのSVJペイント周り

マット塗装へのコーティングは、その多くのメリットにもかかわらず、いくつかの難易度が伴います。

以下はマット塗装にコーティングを施す際の主な課題です。

  1. 研磨の不可: マット塗装はその独特の質感が魅力の一つですが、この質感は塗装の表面の微細な凹凸によって生まれます。通常の光沢のある塗装の場合、コーティング前に研磨を行って表面を滑らかにすることが一般的ですが、マット塗装ではこの処理ができません。研磨をすると、マット塗装特有の凹凸が削られてしまい、その独特の質感を損なうことになります。さらに、一度コーティングに失敗した場合、研磨による修正が不可能なため、施工のリスクが高まります。

  2. 均一な塗布の難しさ: マット塗装の凹凸のある表面にコーティング剤を均一に塗布することは非常に困難です。適切な量を塗布することは、コーティングの効果を最大化する上で重要ですが、少なすぎると保護効果が十分でなく、多すぎるとムラが生じやすくなります。

  3. 専門業者の対応: これらの課題により、マット塗装へのコーティングを専門店でも断るケースがあります。施工難易度の高さ故に施工したことを公表せず、施工証明書を発行しないディーラーも過去には存在しました。

これらの課題にも関わらず適切に施工されたコーティングはマット塗装を保護し、長持ちさせる大きなメリットを提供します。

マット塗装へのコーティングを検討する場合は、これらの課題を理解し、経験豊富な専門業者に相談することが重要です。

コーティングを施工したマグノダークオリーブグリーンのメルセデス AMG G63 マニュファクチャラーエディション

コーティングのデメリット

マット塗装へのコーティングには多くのメリットがありますが、いくつかの限界と注意点も存在します。

1.傷への保護の限界

コーティング層は非常に薄く、汚れ防止には効果的ですが、物理的な傷への保護能力には限界があります。

特に飛び石や枝、小石などによる摩擦ダメージから車体を保護することは難しく、プロテクションフィルムほどの保護効果は期待できません。

2.汚れの付着

コーティングは車体を「汚れにくく」しますが、これは「汚れが全く付着しない」を意味するものではありません。コーティング施工後も、雨や道路の汚れ、花粉などによる汚れは避けられません。

コーティングは雨水などによる汚れの洗い流しや、洗車を容易にする効果がありますが、定期的な洗車とメンテナンスは引き続き必要です。

特に、油性の汚れや鳥の糞、樹液など特殊な汚れが付着した場合や、汚れを長期間放置した場合、汚れを完全に取り除くことが困難になります。放置された汚れは、時間とともに硬化し、最終的には塗装面自体を侵食する可能性があります。

コーティング施工を検討する際には、これらの限界と注意点を理解し、適切な期待を持つことが重要です。

コーティングは車体の美観を保ち、メンテナンスを容易にするための一つの手段ですが、物理的なダメージからの完全な保護を提供するものではないという点を認識し、定期的なケアとメンテナンスを怠らないようにすることが重要です。

最適なマット塗装の保護方法:コーティングとプロテクションフィルムのハイブリッド施工

マット塗装の車に対する保護方法を選択する際、プロテクションフィルムとコーティングはそれぞれ独自のメリットとデメリットを持ちます。

プロテクションフィルムを車全体に施工することで、傷や汚れから車を効果的に守ることができますが、この方法は高額な費用がかかり、また5~7年ごとの貼り替えが必要になる可能性があります。

一方で、コーティングはプロテクションフィルムに比べてコストが低く、汚れを防ぐ効果はありますが、傷に対する保護は限定的です。

このような状況を踏まえマット塗装車に対しては、コーティングとプロテクションフィルムの利点を組み合わせたハイブリッド施工をおすすめしております。

この方法では、車全体にコーティングを施し、生活傷や飛び石ダメージが特に発生しやすいフロント周りにプロテクションフィルムを部分的に施工します。

このハイブリッド施工により、マット塗装の美しさを長期間維持することができます。

熟練のスタッフによる丁寧な施工は、ムラのない均一なコーティングを実現し、専用のケミカルを用いたメンテナンスにより、既存の雨シミや細かなダメージを効果的に除去することができます。

マット塗装車へのコーティングとプロテクションフィルムの施工は、専門的な知識と技術を要するため、経験豊富なプロフェッショナルの手に委ねることが重要です。

適切な保護策を施すことで、マット塗装車の美しさと質感を長期間にわたって保つことが可能になります。

カーハートの施工実績

マット塗装へのプロテクションフィルムの施工実績

Lamborghini Huracán Sterrato

フルプロテクションフィルムやコーティングを施工したランボルギーニ ウラカン ステラート グリジオ チタンズ

詳しくはこちら

Mercedes-AMG G63 Magno Hero Edition マグノコッパーオレンジ

プロテクションフィルムを施工したメルセデスAMG G63 Magno Hero Edition マグノコッパーオレンジ

詳しくはこちら

Mercedes-AMG E63 S 4MATIC+ Final Edition

コーティングやプロテクションフィルムを施工したメルセデスAMG E63 S 4MATIC+ ファイナルエディション

詳しくはこちら

BMW Z4 M40i フローズングレー (G29)

フロントバンパーやボンネットなどにプロテクションフィルムを施工したBMW Z4 M40i フローズングレー (G29)

詳しくはこちら

マット塗装へのコーティングの施工実績

Mercedes-AMG G63 マグノナイトブラック

Mercedes-Benz G400d STRONGER THAN TIME Edition

詳しくはこちら

Mercedes-Benz CLS 450 4MATIC Sports

コーティング後のメルセデス マットグレー

詳しくはこちら

Mercedes-AMG GT53 4-Door

詳しくはこちら

Maserati Levante Launch Edition - Grigio Vulcano Matte

Lamborghini Aventador SVJ

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

詳細はこちら

LEXUS LFA マットブラック

GENESISガラスコーティングを施工したLEXUS LFA マットブラック

マット塗装車への最新の施工実績はこちら

擦れて破れてしまったAMG E63Sに施工したプロテクションフィルム

【プロテクションフィルムは守るフィルム】Mercede...

マット塗装専用のコーティングとプロテクションフィルム(ボンネットやフロントバンパー、フロントフェンダーなど)を施工したメルセデス AMG G63

【マット塗装にコーティング】Mercedes-AMG ...

フルプロテクションフィルムやコーティングを施工したランボルギーニ ウラカン ステラート グリジオ チタンズ

【プロテクションフィルム】Lamborghini Hu...

ファインラボマットセラミックコーティングやフロント周りへのプロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG G63 マグノナイトブラック

【プロテクションフィルム&コーティング】Mercede...

フロントバンパーやボンネットなどにプロテクションフィルムを施工したBMW Z4 M40i フローズングレー (G29)

【プロテクションフィルム】BMW Z4 M40i フロ...

no image

【アップデート情報】エアコン消臭・レザーコーティング・...

ドアエッジ、ドアカップ、ランディングボード(サイドステップ)にプロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG G63 マグノナイトブラック

【プロテクションフィルム】Mercedes-AMG G...

コーティングやプロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG G63 マグノナイトブラック

【プロテクションフィルム】Mercedes-AMG G...

一覧はこちら

料金

下記の料金は目安です。車種によって異なります。お問い合わせください。

プロテクションフィルム

ボンネット、フロントバンパーなど面積の大きいパーツ : 100,000 ~ 150,000円 

ドアカップやドアステップなど : 3,500 ~ 22,000円

フロント周り一式(ボンネットやフロントバンパーなどのセット) : 350,000 ~ 600,000円

フル施工 : 120万 ~ 180万円

コーティング

ボディコーティング : 105,600円 ~ 202,500円 

ボディコーティングは目安として新車の場合1.1-1.2倍、経年車で1.3-1.5倍の料金になります。

お問い合わせ

カーハートはこれまでにマット塗装の車両50台近く、通常の塗装車を含めると10,000台以上の様々な車に施工を行ってきました。

30年にわたる経験と知識を基に、最適な施工方法をご提案いたします。

マット塗装の保護に関してご不明な点があれば、どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

マット塗装について何でもご相談ください

LINE・メール・電話からお問い合わせ可能

マット塗装への施工事例はこちら

プロテクションフィルムについて詳しくはこちら

コーティングについて詳しくはこちら

カーハートのオリジナルコンテンツ

カーハートのコーティングサービス: ディーラーと専門店を超える理由

カーハートのコーティングサービス: ディーラーと専門店を超える理由

カーハートのコーティングサービスは、ただの美しさを追求するだけでなく、長期的な車の保護を目指しています。

ディーラーや一般的な専門店を超える独自のメリットを提供し、お客様の愛車を新車時を超える輝きで長く保ちます。

専門店の技術と専用設備によるカスタマイズされたコーティングは、まさにオーダーメイドのスーツのよう。

ディーラーで満足できなかった方も、カーハートならではの質の高さにきっと満足いただけるでしょう。

お客様一人ひとりの期待を超えるサービスをお約束します。

車を美しく、かつ長持ちさせるカーハートのコーティングサービスの詳細はこちらから。

カーハートのコーティングついて詳しくはこちら

コーティングの仕上がりを左右する研磨のビフォーアフター

コーティングの仕上がりを左右する研磨のビフォーアフター

カーハートは1993年より研磨技術の向上に尽力し、オーナー様に美しい仕上がりを提供し続けています。2009年からブログで研磨のビフォーアフターを公開し、高級車から国産車まであらゆる車種を扱ってきた実績をご紹介しております。

この記事では、施工実績ブログに掲載された研磨のビフォーアフターの画像とリンクをまとめました。カーハートが追求し続ける「美しさ」の結晶を、ぜひご覧ください。

コーティングの仕上がりを左右する研磨のビフォーアフターについて詳しくはこちら

新車の美しさを長持ちさせるための3つのおすすめサービス

新車の美しさを長持ちさせるための5つの必須サービス

新車の輝きを長期間維持するため、カーハートがお勧めする3つのおすすめのサービスをご紹介します。

ボディ・ホイール・窓全面の専用のコーティングから、物理的ダメージを防ぐプロテクションフィルム、さらにはウィンドウフィルムまで、新車の美しさと快適性を保つためのサービスをご紹介いたします。

新車時の施工で、効率的かつ経済的に車を保護することが可能です。

カーハートはお客様の車を最適な状態に保つための全面的なサポートをいたします。

新車へのおすすめの3つのサービスについて詳しくはこちら

ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

ボディコーティングの可能性はただの輝き以上に多くを秘めています。

「新車以上の美しさ」とはどういうことか、そしてボディコーティングがどのように車を長期にわたって保護し続けるのか、この記事で徹底解説します。

耐久性の向上から、日々のメンテナンスの簡素化、さらには買取価格への好影響まで、知られざるコーティングのメリットを5つのポイントに分けてご紹介。

車を長く、そして美しく保つためにコーティングはどのような役割を果たすのでしょうか?

ぜひご一読ください。

ボディコーティングのメリットついて詳しくはこちら

黒い車のコーティング | 必要性やメリット・デメリット

黒い車のコーティング 必要性やメリット,デメリット

黒い車は人気の色ですが汚れや傷が目立ちやすく、扱いに注意が必要です。

本記事では黒ならではの特徴やその魅力、そしてその美しさを最大限に引き出し長持ちさせるための、洗車方法やメンテナンスのコツなどをご紹介いたします。

黒い車のコーティングついて詳しくはこちら

車の磨きとそのメリット、コーティングについて

車の磨きとメリット コーティングの必要性

愛車の美しさを取り戻すために「磨き」と「コーティング」の重要性をご存知ですか?私たちプロの視点から、その効果や専門店選びのポイントを詳しく解説しました。

下記のリンクから記事をご覧ください。

車の磨きとそのメリット、コーティングについて詳しくはこちら

【コーティングの水弾き】撥水・疎水(滑水)・親水の違い

コーティングにおける水弾きの接触角の違い

車のボディコーティングにおける水弾き性能の違いは、選択の決め手となることがありますが、本当はどうなのでしょうか?

撥水性、疎水性(滑水性)、親水性の特徴を理解することで、自分の車の使用状況やメンテナンススタイルに最適なコーティングを選ぶことができます。

この記事ではそれぞれの水弾き性能の違いと、コーティング選びにおいてどのように役立つかを解説しています。

コーティングの水弾きについて詳しくはこちら

【デメリットもあります】マット塗装とは? コーティングが勧められる理由

コーティング後のメルセデス マットグレー

マット塗装の魅力とは何か、そのメリットとデメリットを知りたい方へ。

独特の質感で車を際立たせるマット塗装は、多くのオーナーから注目されています。しかし、その取り扱いや特性についてはあまり知られていません。

50台以上のマット塗装車の施工実績のあるカーハートがマット塗装の全てを解説します。

マット塗装の美しさを長期間保持するためのコーティングや、メリットとデメリットを徹底比較した内容をぜひご覧ください。

マット塗装について詳しくはこちら

マット塗装を保護する2つの方法

マット塗装を守る2つの方法

マット塗装の美しさを守るための最適な方法をご提案いたします。カーハートではマット塗装の保護に関する豊富な経験と知識を持ち、これまで50台近くのマット塗装車に施工してきました。

プロテクションフィルムとコーティングのメリット・デメリットを解説し、両者を組み合わせたハイブリッド施工という最適な方法をご提案しています。施工実績も多数掲載。ぜひご覧ください。

マット塗装を保護する方法について詳しくはこちら

ボディーコーティングでよくいただく質問

ボディーコーティングでよくいただく質問

カーハートのボディコーティングに関するFAQページでは、新車の保護から日常のメンテナンスまで、よくある疑問に詳細に答えています。

新車時のコーティングの重要性、コーティング後のキズや汚れの対処法、さらにはワックスの使用や洗車機の利用についてまで、車の美しさを長持ちさせるための貴重な情報が満載です。

コーティングによる長期的な車の保護と美観維持に興味のある方は、ぜひこのページをご覧ください。

コーティングでよく頂く質問について詳しくはこちら

2023年1月7日