神戸店の電話番号

078-891-5753

営業時間 9:00-18:00 / 日曜定休

ランボルギーニ アヴェンタドール SVJのエンブレム周りにコーティングしているところ

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

【デメリットもあります】マット塗装とは? コーティングが勧められる理由

2020/09/11 追記 : Mercedes-AMG G63 manufaktur Edition にコーティングなどを施工致しました。

詳しくはこちら

2020/07/06 追記 : 2017年式 Mercedes-AMG G63 マットブラックにコーティングを施工いたしました。

コーティングとプロテクションフィルムを施工したメルセデス AMG G63 マットブラック

詳しくはこちら

2020/05/19追記 : Mercedes-Benz CLS 450 4MATIC Sports セレナイトグレーマグノにコーティングを施工いたしました。

コーティング後のメルセデス マットグレー

詳しくはこちら

マット塗装とは

コーティングを施工したMercedes-AMG G63 エディションマットブラック

マット塗装とは特別な塗料を使った塗装のことです。

この特別な塗料が表面に細かな凹凸を形成し、光を拡散させることで実現しています。

マット塗装を触るとザラザラしているのはこのためです。

メモ

通常の塗装は光の拡散を抑え、クリア塗装も加えてあるので光沢のある塗装になっています。拡散が少ないほど高光沢の塗装になります。

マット塗装は吹付け塗装でも、ラッピング/カッティングシートやプロテクションフィルムでも実現できます。

以前はマット塗装といえば、ラリーカーに眩しさ軽減のために部分的に施工されていたぐらいで、今よりも珍しい存在でした。

用途がオシャレに見せるためではなく、眩しさ軽減のためであったため色は黒のみでした。

GENSISガラスコーティング・サイドデカール作成貼り付けをしたLamborghini HURACÁN PERFORMANTE

マットホワイトのプロテクションフィルムが貼り付けられているランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ

現在はマットブラックだけでなく、

  • マットホワイト
  • マットシルバー
  • マットグレー
  • マットブルー
  • マットパープル

などバリエーションが増えました。

メーカー純正のオプションカラーの1つにもなっています。

特別仕様車だけでなく量産車にも採用されるようになり、ラッピングでもマット化が可能になったので限られたユーザーだけのものではなくなりつつあります。

マット塗装のメリット

コーティングを施工したMaserati GranTurismo MC Sports マットブラック,グロスカーボン

グロスカーボンとマットブラックを組み合わせて、これまでにないほどのスパルタンなイメージを持たせることもできるようになりました。 / コーティングを施工したMaserati GranTurismo

マット塗装のメリットは間違いなく、通常の塗装では実現不可能な質感です。

ザラッとした質感は映画から飛び出してきたかのような、非現実的なルックスは目を引きます。

また、一部分だけマット塗装にしたり、カーボンなどの素材と組み合わせることでも印象の幅を広げることができます。

マット塗装のデメリット

GENESISガラスコーティングを施工する前のPORSCHE Cayenne マットホワイト ヘッドライト周り

徐々に一般的になりつつあるものの、まだまだ珍しいマット塗装。

個人のセンスで自由に選びたいところですが、他の通常の塗装とは違う質感を持っているがゆえのデメリットが。

そのマット塗装のデメリットとは

1.汚れやすいこと

2.汚れやすいのにメンテナンス(お手入れ)がしにくいこと 

この2つがあげられます。

マット塗装のデメリット 1.汚れやすい

GENESISガラスコーティングを施工する前のPORSCHE Cayenne マットホワイト

マット塗装の素敵な質感を実現する凹凸は、凹凸があるゆえに汚れやすい塗装です。

通常の塗装は平らで滑らかなので雨が降っても、水をかけてもそのまま流れていきます。

マット塗装は凹凸があるため、通常の塗装に比べて雨や水が流れにくくなっています。

その水に含まれる汚れを凹凸が引っ掛けてしまいます。

さらに汚れが溜まってくると目立つようになり、種類によっては落としにくい水垢汚れになってしまいます。

またマットの質感ゆえに手で触れるだけで手の脂が残り、ドアノブ周りだけ艶がでることもあります。

マット塗装のデメリット 2.汚れやすいのにメンテナンス(お手入れ)がしにくい

レクサス LFA マットブラックについていた汚れや傷

LEXUS LFA マットブラックのボンネット周りにあった汚れ

汚れやすく、汚れが目立ちやすいマット塗装ですので、汚れが固着しないように洗車などで汚れをこまめに落とす必要があります。

レクサス LFA マットブラックについていた汚れや傷

ただし、傷が入るとDIYでは対処できないので洗車機の使用はおすすめしません。

洗車をするなら水で砂や埃をよく落としてから、洗う必要があります。

また傷・シミの対処にコンパウンド(研磨剤)を使うのもNGです。

コンパウンドで対処できるのはクリア層がある通常の塗装のみです。

マット塗装でコンパウンドを使うと、マットの素である凹凸を削ってしまうので、磨いたところだけ艶が出てテカってしまいます。

このように汚れやすいのにメンテナンス(お手入れ)がしにくいのがマット塗装のデメリットとなります。

マット塗装をキレイに乗り続けるには、日頃から汚れや傷をつけないようにすること、こまめに洗車することを通常のお車以上に意識する必要があります。

と、ここまで読むと「汚さず、傷つけず、こまめな洗車は面倒だな」と感じるかもしれません。

そう感じる方にオススメなのがマット塗装へのコーティングです。

マット塗装にコーティングをオススメする理由

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJのフロント周り

マット塗装へのコーティングがオススメなのは、以下のメリットがあるからです。

  1. 汚れが付きにくくなる
  2. 汚れが付きにくくなるから、汚れを落としやすくなる。
  3. 汚れが付きにくくなるから、キレイな状態を長持ちできる。
  4. 汚れが付きにくくなるから、時間の節約ができる。

いずれも「汚れが付きにくくなる」ことから始まっていますが汚れが付きにくいことにより、洗車の頻度を落としてもキレイな状態が長持ちし、時間をより大切なことへ使うことができます。

洗車やイオンデポジットの重症化によってウォータースポットは発生する

通常の塗装の場合でも同じメリットがありますが、汚れやすいマット塗装であればなおさらそのメリットは大きくなります。

では、マット塗装の車には必ずコーティングがされている...。

とはいかないのが、マット塗装の難しいところなんです。

メリットが多くても難しいマット塗装へのコーティング

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJのSVJペイント周り

まず、通常の塗装のコーティングと同じようにポリッシング(研磨)をするとマットの素の凹凸を削ってしまうので、できません。

また、コーティング剤を凹凸のあるボディにムラなく均一に塗るのも至難の業です。

ムラを起こさないように少なく塗るならば、コーティングの効果を最大限発揮できませんし、多く塗リ過ぎるとムラを多発させてしまいます。

このようなことから、専門業者であってもコーティングを断るケースは少なくないようです。

またムラが起こりやすい=失敗しやすいため、ディーラーによっては施工していても施工していることを伝えず施工証明書も出さないところがあるとか。

コーティングとラッピングを施工したメルセデスAMG G63 Edition Matt Black (W463)

そんな難しいマット塗装へのコーティングですが、経験を重ねてカーハートは上手くキレイにコーティングできるよう、マット塗装車へのコーティングに取り組んで参りました。

熟練のスタッフがムラ無くボディ全体をコーティングすることはもちろん、乗られて何年か経過したマット塗装車でも専用ケミカルを使って雨シミなどのダメージを除去いたします。

マット塗装のお手入れに最適な専用メンテナンスキットもお渡ししております。

オーナー様のために細かく見ています

カーハートは少人数先鋭で作業しているため、1台1台時間をかけて見ることができます。

そのため、こんなチェックをすることも可能です。

メルセデス CLS450

メルセデス CLS450 セレナイトグレーマグノのボディ

これは何をマスキングテープで示しているかというと...

光の加減でわかりにくいですが

マット塗装についていたシミ

マット塗装についていたシミ

うっすらと汚れが確認できます。

このように、作業前になかなか普段は見えづらい汚れを、一つ一つ確認してから作業します。

メルセデス CLS450 セレナイトグレーマグノのボディの状態を確認しているところ

作業中も幾度も光を当てて、汚れがついたままになっていないか確認します。

BMW M6のマットシルバーのカーボンパーツを磨いているところ

また、ピラーやフロントスポイラーなどマット塗装では無いところは通常通り、研磨してコーティングいたします。

マット塗装と組み合わせが良いカーボンは磨くのが難しい素材ですが、精巧な研磨によってキレイに磨きあげます。

マットだから全部磨かない・磨けないではなく、磨けるところは磨いて全て美しくする。

これがカーハートのマット塗装のためのコーティングです。

マット塗装向きのコーティング GENESISガラスコーティング

カーハートのスタンダードコーティング GENESISガラスコーティングのステッカー

マット塗装の車両にはカーハートオリジナルコーティングである、GENESISガラスコーティングを施工しています。

このコーティングは被膜硬度6Hの硬さを持っています。(※被膜硬度とは鉛筆の硬度と同じ意味です)

Lamborghini HURACÁN PERFORMANTEに貼り付けたPerformanteステッカーにGENESISガラスコーティングを施工しているところ

上位ランクのコーティングは8H,9Hと非常に強力な被膜硬度を持っていますが、被膜が硬すぎるコーティングは硬化時間が短い傾向にあり施工に不向きです。

適度な硬さを持ち、柔軟性に優れたGENESISガラスコーティングはマット塗装に効果を発揮します。

コーティング・クリーニングを施工したMINI Crossover Cooper S (R60) ブレイジングレッドに水をかけて撥水をチェックしているところ

GENESISガラスコーティングは無機質のポリシラザン(Si02)を密着させており、ウォータースポットを軽減します。

また、撥水性・撥油性に優れているので粉塵や虫の死骸、鳥フン等を水洗いで簡単に落とすことができます。

そのため、簡単に洗車を済ませることができます。

もちろん洗車をしなくても良いわけではありませんがその回数を大幅に減らし、短時間で終わらせることができます。

マット塗装のQ&A

コーティングで研磨(ポリッシュ)はしますか?

基本的には研磨はしません。

しかし、研磨でも艶を出さずに傷を取ることもできるので、場合によっては微量だけ研磨をします。

実車を見なければ判断できませんので、気になる場合はお問い合わせください。

コーティングによって変に艶はでませんか?

よく「コーティングをマット塗装車に施工すると変に艶が出てしまって外観が大きく変わってしまうのではないか」と言われています。

施工している側からすると、大きく変わることはありません。

コーティングを施工することで変にツヤツヤな車になることはありません。

これまで施工したお客様に外観が変わったとクレームを頂いたこともありません。

もしご心配であれば、目立たない箇所に施工して試すことも可能です。

コーティングの消耗によって見た目は変わりませんか?

コーティング被膜が消耗(劣化)すると光沢感が少し失われるかもしれませんが、見た目に大きな変化はありません。

見た目が大きく変わる原因として考えられるのは、凹凸の消耗や汚れの放置で起こるシミの固着、飛び石等による物理的ダメージです。

コーティング施工車にワックスをつけても大丈夫ですか?

通常のコーティング施工車同様、ワックスの利用はお控えください。

汚れているマット塗装車でもコーティングは可能ですか?

GENESISガラスコーティングを施工した957型ポルシェ カイエン マットホワイト

基本的にコーティング前のクリーニングで汚れを落とすことができます。

ただし、通常の塗装と同じ様に研磨できないので、落とせない汚れがある場合がございます。

この点を予めご了承ください。

(※塗装が飛び石等で無くなってしまっている場合は再塗装以外、対処法がありません)

【GENESISガラスコーティング】Porsche Cayenne マットホワイト

施工実績

BMW M6 フローズンシルバー

コーティングを施工したBMW M6のマットシルバー

詳しくはこちら

Mercedes-Benz CLS 450 4MATIC Sports セレナイトグレーマグノ

コーティング後のメルセデス マットグレー

コーティング後のメルセデス マットグレー

コーティング後のメルセデス マットグレー

詳しくはこちら

Mercedes-AMG G63 Edition Matt Black 1台目

コーティングを施工したMercedes-AMG G63 エディションマットブラック

詳細はこちら

Mercedes-AMG G63 Edition Matt Black 3台目

コーティングとラッピングを施工したメルセデスAMG G63 Edition Matt Black (W463)

詳しくはこちら

Mercedes-AMG G63 Edition Matt Black 4台目

コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

詳しくはこちら

2017年式 Mercedes-AMG G63 マットブラック 2台目

コーティングを施工したメルセデス AMG G63 マットブラック

詳しくはこちら

Maserati Levante Launch Edition - Grigio Vulcano Matte

コーティングを施工したMaserati Levante グリジオ・ヴルカーノ・マット コーティングを施工したMaserati Levante グリジオ・ヴルカーノ・マット

Lamborghini HURACÁN PERFORMANTE

GENESISガラスコーティングの施工が完了したLamborghini HURACÁN PERFORMANTE

詳細はこちら

Lamborghini Aventador SVJ

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

詳細はこちら

LEXUS LFA マットブラック

GENESISガラスコーティングを施工したLEXUS LFA マットブラック

その他の施工実績・詳しい施工実績はこちら

【時間の節約】カーハートはコーティング以外も同時施工可能です。

カーハートはコーティング専門店ですが、カーフィルム、プロテクションフィルム、ラッピングなども同時に施工可能です。

器用貧乏なオプションサービスではなく、どれもがプロフェッショナルな品質の高いものを提供しております。

KUBEBOND DIAMOND9Hナノセラミックコーティングなどを施工したG63

ボディコーティング以外にも、サイドステップ・スペアタイヤカバーのラッピングフロントガラスの透明断熱フィルムなど施工いたしました。

詳しくはこちら

KUBEBOND DIAMOND9Hナノセラミックコーティングなどを施工したCLA 45S

ボディコーティング以外に、レザーコーティングヘッドライト・フロントバンパーエンブレムのプロテクションフィルムなどを施工いたしました。

詳しくはこちら

KUBEBOND DIAMOND9Hナノセラミックコーティングなどを施工したGT63S

ボディコーティング以外に、アルカンターラを含むインテリアコーティング全ピラーへのカーボンラッピングなど施工いたしました。

詳しくはこちら

ご予約・お問い合わせ

コーティングを施工したメルセデス AMG SLS

カーハートは1994年創業の兵庫県神戸市のコーティング専門店です。

これまで難易度の高い車、希少なお車などあらゆるお車にコーティングを施工して参りました。

マット塗装のコーティング、その他お車のコーティングやフィルム等のご用命やご相談を受け付けております。

こちらからお問い合わせください。

車をマット塗装にしたい場合、当店では対応できませんので予めご了承ください。

ボディコーティングについて詳しくはこちら

他のコーティングサービスについてはこちら

カーハートのオリジナルコンテンツ

コーティングはディーラーよりも専門店が。専門店よりもカーハートがオススメできる理由

コーティングはディーラーよりも専門店が。専門店よりカーハートがオススメできる理由

バイキングのステーキと専門店のステーキ。同じステーキでも味や品質、見た目が異なります。コーティングでも同じことが言えます。

記事はこちら

新しいクルマをキレイな状態で楽しみ続けるための オススメサービス3選

新しいクルマをキレイな状態で楽しみ続けるためのおすすめサービス3選

車をキレイに使い続けるための様々なサービスを提供するカーハート。ボディコーティングだけではないのが魅力の1つです。ところが、多すぎて何を車にすれば良いのかわかりにくいのも事実。新しく迎える車にできる厳選サービスをご紹介いたします。

記事はこちら

コーティングの5つのメリット

コーティングの5つのメリット

よくコーティングの謳い文句で語られる「新車以上の美しさ」とは何でしょうか?新車だったら、納車時が1番美しいのではないでしょうか? "車がキレイになる"以外の、意外に知られていないメリットについてもまとめています。

記事はこちら

【コーティングの水弾き】撥水・疎水(滑水)・親水の違い

コーティングにおける水弾きの接触角の違い

コーティングを真剣に選びたいと思うユーザーが必ず考える、水弾き。水と親しいと書いて親水性。水と親しいとは一体?水が滑る滑水性とはどんな水弾き?一般的な撥水性が良いのか?それとも間の疎水性・滑水性がバランスが良くて良いのか?疑問はたくさんあります。

そんな水弾きに関係した情報をまとめました。

記事はこちら

【デメリットもあります】マット塗装とは? コーティングが勧められる理由

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJのSVJペイント周り

最近、ドイツ車を中心によく見かけるようになったマット塗装。他とは違う質感は普通の車とは違う、独特のオーラが魅力的です。では、マット塗装は通常の塗装とどのように違うのでしょうか?意外に知られていないマット塗装を選択するデメリットについてもまとめました。

記事はこちら

ボディーコーティングでよくいただく質問

ボディーコーティングでよくいただく質問

コーティングってそもそも何でしょうか?コーティングは汚れを完全に防ぐことができるのでしょうか?どうすればコーティングの効果を長持ちできますか?カーハートでよくいただく質問をまとめました。

記事はこちら

© 2020 神戸・宝塚のコーティング専門店 | CARHEART