【特別な質感】マット塗装とは? そのコーティングについて

ランボルギーニ アヴェンタドール SVJのエンブレム周りにコーティングしているところ

マット塗装とは

コーティングを施工したMercedes-AMG G63 エディションマットブラック

マット塗装とは通常とは違う特別な塗料を使った塗装のことです。
この特別な塗料が、表面に細かな凹凸を形成し光を拡散させることで実現しています。マット塗装を触るとザラザラしているのはこのためです。(通常の塗装は光の拡散を抑え、クリア塗装も加えてあるので光沢のある塗装になっています。拡散が少ないほど高光沢の塗装になります。)

マット塗装は塗装でも、ラッピング(カッティングシート・シール)やプロテクションフィルムでも実現することができます。

以前はマット塗装といえば黒のマットブラックだけで、ラリーカーに眩しさ軽減のため部分的に施工されるなどマット塗装を施した車は今よりも珍しい車でした。

GENSISガラスコーティング・サイドデカール作成貼り付けをしたLamborghini HURACÁN PERFORMANTE

現在は、マットホワイト、マットシルバー、マットグレー、マットブルー(AMG/ブリリアントブルーマグノ)、マットパープル(Lamborghini/Viola Nebula)などバリエーションが増え、メーカー純正のオプションカラーの1つにもなっています。特別仕様車だけでなく、量産車にも採用されるようになりました。ラッピングでもマットが可能なので、限られたユーザーだけのものではなくなりつつあります。

マット塗装のデメリット

GENESISガラスコーティングを施工する前のPORSCHE Cayenne マットホワイト ヘッドライト周り

徐々に一般的になりつつあるものの、まだまだ珍しいマット塗装。個人の好みで選びたいところですが、実はオーナー全員に共通する悩みの種が1つ。それはマット塗装のメンテナンス(お手入れ)です。

GENESISガラスコーティングを施工する前のPORSCHE Cayenne マットホワイト

マット塗装を実現している凹凸は、チリや汚れを引っ掛けやすく、取りづらくしてしまいます。さらに汚れが堆積してくると目立つようになり、種類によってはシミになってしまいます。また手の脂もつきやすく、シミのように目立ってしまいます。

ですから、洗車をこまめに行う必要があります。ただし、傷が入りやすいので洗車機の使用はNG。また高圧洗浄も凹凸を落としてしまう可能性があるので薦められていません。洗車をするなら水で砂やチリをよく落としてから、洗う必要があります。

また傷・シミの対処にコンパウンド(研磨剤)を使うのもNGです。コンパウンドで対処できるのはクリア層がある通常の塗装のみ。クリア層の無いマット塗装は凹凸を削ってしまうので、磨いたところだけ艶が出てしまいます。(通常の塗装でもコンパウンドを使って磨くのはオススメしません。)

対策としては日頃から汚れをつけないこと。こまめに洗車することです。

「でも、洗車ってめんどくさい…しかも頻繁に…」と思われるかもしれません。そんな方にオススメなのがコーティングです。

オススメだけども難しいコーティング

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJのフロント周り

よく言われるようにコーティングは「汚れをつきにくく」効果があります。ですから、汚れがつきにくくなるため、未施工車に比べて洗車の回数が減ります。また、汚れがつきにくくなることで、ボディの美観が長持ちしやすくなります。未施工車では落ちにくい汚れも落ちやすくなります。

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJのSVJペイント周り

通常の車でもメリットですが、対処法が限られるマット塗装の車ではなおさら大きなメリット。そのためマット塗装の車には必ずコーティングがされている…。とはいかないのが、マット塗装の難しいところ。

まず、通常の塗装のコーティングと同じようにポリッシング(研磨)をするとマットの素の凹凸を削ってしまうので、できません。また、コーティング剤を凹凸のあるボディにムラなく均一に塗るのも至難の業です。ムラを起こさないように少なく塗るならば、コーティングの効果を最大限発揮できませんし、多く塗るならばムラを多発させてしまいます。このようなことから、コーティングを断られるケースは少なくないようです。また、ムラが起こりやすいためディーラーによっては施工していても施工証明書を出さないところがあるようです。

CARHEARTはこれまで何台ものマット塗装車へのコーティングに取り組んで参りました。熟練のスタッフがムラ無くボディ全体をコーティングします。傷も繊細な研磨によって可能な限り除去いたします。マット塗装のお手入れに最適な専用メンテナンスキットもお渡ししております。

マット塗装向きのコーティング GENESISガラスコーティング

GENESISガラスコーティングをLamborghini HURACÁN PERFORMANTEに施工しているところ

マット塗装の車両にはGENESISガラスコーティングを施工しています。このコーティングは被膜硬度6Hの硬さを持っています。(※被膜硬度とは鉛筆の硬度と同じ意味です)

上位ランクのコーティングは8H,9Hと非常に強力な被膜硬度を持っていますが、被膜が硬すぎるとマット塗装に柔軟に追従しなかったり、硬い被膜を生み出すために塗装と密着する際に強力なため塗装を変色させてしまう恐れがあります。ですので適度な硬さを持ち、スタンダードなコーティングとして優れた性能を持つGENESISガラスコーティングを施工しています。

コーティング・クリーニングを施工したMINI Crossover Cooper S (R60) ブレイジングレッドに水をかけて撥水をチェックしているところ

GENESISガラスコーティングは無機質のポリシラザン(Si02)を密着させており、ウォータースポットを軽減します。また、撥水性・撥油性に優れているので粉塵や虫の死骸、鳥フン等を水洗いで簡単に落とすことができます。そのため、簡単に洗車を済ませることができます。もちろん洗車をしなくても良いわけではありません。しかし、その回数は圧倒的に減らし、短時間で終わらせることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

マット塗装のQ&A

コーティングで研磨(ポリッシュ)はしますか?

基本的には研磨はしません。しかし、研磨でも艶を出さずに傷を取ることもできるので、場合によっては研磨します。実車を見なければ判断できませんので、この点が気になる場合はご来店の際にお尋ね下さい。

gコーティングによって艶はでませんか?

よくコーティングをマット塗装車に施工すると艶が出てしまって外観が大きく変わってしまうのではないかと言われています。施工している側からすると、大きく変わることはまずありません。コーティングを施工することで変にツヤツヤな車になることはありません。これまで施工したお客様に美観が変わったとクレームを頂いたことはありません。もし心配であれば、目立たない箇所に施工して試すことも可能です。

コーティングの消耗によって見た目は変わりませんか?

コーティング被膜が消耗(劣化)しても若干光沢感が失われるかもしれませんが、見た目に大きな変化はありません。見た目が大きく変わる原因として考えられるのは、凹凸の消耗や汚れの放置で起こるシミの固着、飛び石等による物理的ダメージです。

コーティング施工車にワックスをつけても大丈夫ですか?

一般のコーティング施工車同様、ワックスの利用はお控えください。

汚れているマット塗装車でもコーティングは可能ですか?

GENESISガラスコーティングを施工した957型ポルシェ カイエン マットホワイト

基本的にコーティング前のクリーニングで汚れを落とすことができます。ただし、通常の塗装と同じ様に研磨できないので、落とせない汚れがある場合がありますので、この点を予めご了承ください。

【GENESISガラスコーティング】Porsche Cayenne マットホワイト

施工実績

MINI R61 JCW マットブラック

GENESISコーティングなどを施工したマットブラックのBMW MINI John Cooper Works Paceman (MINI R61 JCW)

Peugeot 208 マットブラック

GENESISガラスコーティングを施工したPEUGEOT 208 マットブラック

Peugeot 208 マットホワイト

GENESISガラスコーティングを施工したマットホワイトのPeugeot 208

Mercedes-AMG G63 マットブラック

GENESISガラスコーティングとプロテクションフィルム、ラッピングを施工したMercedes-Benz G63AMGのマットブラック

Mercedes-AMG G63 Edition Matt Black

コーティングを施工したMercedes-AMG G63 エディションマットブラック

Lamborghini HURACÁN PERFORMANTE

GENESISガラスコーティングの施工が完了したLamborghini HURACÁN PERFORMANTE

Lamborghini Aventador SVJ

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

LEXUS LFA マットブラック

GENESISガラスコーティングを施工したLEXUS LFA マットブラック

ご予約・お問い合わせ

こちらからお問い合わせください。

ボディコーティングについて詳しくはこちら

他のコーティングサービスについてはこちら