【プレミアムコーティング】R35 GT-R スペックV

コーティング後のGT RRスペックV。
こだわりの1台を完成させるラッピング、カッテイングシート

いつも大変お世話になっておりますオーナー様より、スーパーカーをお預かりしました!

img_6330
GT-R R35のなんとスペックVでございます。

貴重なお車をお任せ頂き、本当にありがとうございます!

普通の車でない存在感にスタッフも緊張気味でした…。

このR35スペックVにはコーティングをする時に、色々注意しなければならない点がありました。

コーティングの注意点

img_6336

まず、カーボンパーツにはコーティングしないよう、メーカーからの指示がありました。

img_6335

塗装面の状態です。新車ではあったのですが、かなり磨き傷でギラギラになっています。

img_6343 img_6360

アルコアというアルミメーカーの刻印です。
ボディが軽量化のため鉄板ではなくアルミパネルのため、ポリッシャーで熱をかけ過ぎるとパネルが歪む危険があります・・・

要注意です!
img_6333
さらにボンネットを開けるとスクラッチシールドのシールが・・・
これが磨き屋泣かせの塗装なのです。

作業前にミーティングを行い注意事項を確認してスタートしました。

施工中の画像

img_6341 img_6350

慎重に作業を進めた結果、順調に研磨作業を終えることができました。
img_6355

磨き上げたボディにプレミアムガラスコーティングを塗布しました。

ついに完成です!!

完成画像

img_6353
img_6357

img_6356
精密な研磨により傷やくもりのない塗面が生み出されました。

img_6351
超撥水のプレミアムガラスコーティングです!!

コーティング後のGT-R R35 スペックV。

屋外に出してみました!!

コーティング後のGT-R R35 スペックV。正面。 コーティング後のGT-R R35 スペックV。ボンネットアップ。

重厚感ただよう光沢に注目です!
至上の走行性能に至上の美しさも備わりました。

img_6386

さて倉庫に車を保管したところ驚きました!
屋外で見ていた時はブラウン系のカラーかと思っていましたが、室内ではパープル系に見えました。

アルティメイトオパールブラックという色ですが、光の当たり方で変幻するのです!

走り以外にも本当に凝っていることがよくわかりました。

この度大切なお車を託して頂き本当にありがとうござました。

スタッフも色々と思考する機会となり勉強させて頂きました。

今後この至上の輝きを保つためにお手伝いさせて頂きますので、カーハートをどうぞ宜しくお願い致します!

※GT-R NISMOやフェアレディの施工実績がございます。

【追記】
後日、コーティングメンテナンスをご用命頂きました。

「新しい美しさを創造する」GENESISコーティングを施工したMaseratilevante

 

下のリンクをクリックすると、それぞれの記事一覧ページへと移ります。