アバルト 595 ユーロナンバー取付

IMG
Ferrari 488 Spider のハンドルにレザークリアコートを施工しているところ
PayPayを導入しました。

アバルト 595 コンペティツィオーネ スコルピオ

img_4678

いつもお世話になっておりますアバルト595のオーナー様より追加アクセサリー取付のご依頼を受けました。

いつもありがとうございます。

ユーロナンバーを付けるにはナンバープレートの封印を切って再封印する必要があります。

その手間を省略した方法がネットにありましたので参考にしてみました。

大胆にプレートを切断します。

そして裏面にマグネットのテープを貼り付けて磁力でボディに付けるという方法です。

img_4682

上手くいきました。

img_4684

フロントは二つ穴を開けて本来のナンバーと共にネジで止めています。

ユーロナンバー似合いますね。本来の姿ですからね。

img_5450

続いて何やらタイヤハウスカバーを外しています。

img_5459

フューエルリッドカバーを取付ました。リアルカーボンで高価なパーツです。奥のキャップのサソリマークもいいですね。給油も楽しくなりそうです。

 

img_5460

こちらのパーツにもガラスコーティングを施工しておきました。ますます楽しいお車になってきました。いつもありがとうございます。

今回のサービスはメニューにないサービスになります。同様のサービスに興味を持たれた方はどうぞお問い合わせください。対応できない場合もございますが、なるべくお客様のご期待に応えられるよう努力いたします。

 

 

下のリンクをクリックすると、それぞれの記事一覧ページへと移ります。