スモーク断熱5%フィルムを施工した30後期 アルファード

TOYOTA/トヨタ ウィンドウフィルム 日本車

【スモーク断熱フィルム】トヨタ アルファード 30系 後期

こんにちは、カーハート神戸です。

今回はトヨタ アルファード 30系 後期の施工実績をご紹介します。トヨタ アルファード 30 後期

神戸市内のお客様からで、スモーク断熱フィルム5%のご用命でした。ありがとうございます。

フィルムというと、最近はボディを守るプロテクションフィルムのご紹介が多いですが、定番の窓に貼る"ウィンドウフィルム""カーフィルム"も週に何台か施工しております。

スモーク断熱フィルムを施工する前のアルファード 30後期

フィルムを貼り付ける前の様子はこのような感じ。

スモーク断熱フィルムを施工する前のアルファード 30後期

後ろから確認すると、前までしっかりと見えてしまっていますね。

フィルムは紫外線対策や太陽光のまぶしさ軽減などお肌対策のメリットがある一方で、黒くすることで車内を物色されにくくする車上荒らし対策にもなります。

スモーク断熱5%フィルムを施工した30後期 アルファード

貼り付けの後がこちら。全く車内が見えなくなりましたね。(施工直後なので窓に水滴が付いていますが、これは納車前にキレイにします。)

スモーク断熱5%フィルムを施工した30後期 アルファード

外に出してみると、よりその黒さがお分かりいただけるかと思います。

スモーク断熱5%フィルムを施工した30後期 アルファード

スモーク断熱5%フィルムを施工した30後期 アルファード

スモーク断熱5%フィルムを施工した30後期 アルファード

ちなみに、納車時にお客様より「横は全く中が見えないけど、リアガラスからは前がうっすら見えるのはなぜですか?貼付けフィルムの濃度が違うんですか?」と質問を頂きました。

確かに後ろから見ると、運転席周りのガラスの向こうの景色がうっすらと見えます。これは製品不良ではなく、光の入る量の違いが理由なんです。左右はそれぞれフィルムが貼られていることで光量が少なくなっているので真っ黒に見えます。ところが、後ろから前を確認すると、前には光量を絞るフィルムが貼られていないので、光量はそのまま通過するので、前がうっすらと見えます。

屋外に出している時にうっすらと見えるだけなので、屋内駐車場など全体的に暗い場所に停めると、後ろから前はもっと見えにくくなるか、全く見えなくなります。

スモーク断熱5%フィルムを施工したあとのアルファードの車内の眺め

車内から外を確認するとこんな風に見えます。全く貼っていないかのような高い視認性が保たれています。

スモーク断熱5%フィルムを施工したあとのアルファードの車内の眺め

サイドも同様です。今回、ご依頼が無かったので施工していませんがサンルームにも施工することができます。晴れている時は眺めが気持ちいいサンルーフですが、晴天が多い夏は紫外線などで車内が熱くなってしまうのが残念ポイントです。スモーク断熱フィルムを施工することで、景色はほとんどそのままに暑さや紫外線をカットできるので夏場でも空の景色を楽しみながらドライブできます。

スモーク断熱5%フィルムを施工した30後期 アルファード

少し遠目で撮ってみました。未施工前と比べると、白いボディと黒いフィルムのコントラストが際立ち、ぐっと高級感が上がったのではないでしょうか?オススメの施工です。

施工は早ければ1日で、遅くとも1泊2日で完了します。施工直後は1.熱線の使用、2.窓ガラスの上げ下げは12-24時間はお控えいただくようお願いしています。

この度はご用命ありがとうございました!!

ちなみに、料金は以下の通りです。(2020/03/02の時点です。予告なしに変更する場合がございます。)

ミニバン ステーションワゴン リア5面(アルファード、エルグランド、ハリアー)  / ¥45,000+税
ミニバン ステーションワゴン リア5面(現行80系のノア、VOXY、エクスファイア)  / ¥55,000+税

ボディコーティングと同時にご用命頂いたお客様のみ10%割引しております。

ぜひご検討ください。

お問い合わせはこちらから

===

ウィンドウ(窓ガラス)のフィルムついて詳しくはこちら

プロテクションフィルムについて詳しくはこちら

ラッピングフィルム/カッティングシートについて詳しくはこちら

-TOYOTA/トヨタ, ウィンドウフィルム, 日本車
-,

Copyright© 神戸・宝塚のコーティング専門店 | CARHEART , 2020 All Rights Reserved.