お問い合わせはこちら

営業時間 9:00-18:00 / 日曜定休

フロントバンパー、ボンネット、左右フェンダー、ヘッドライトなどにプロテクションフィルムを施工したポルシェ 911 GT3 (Type 991.2)

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

カーハートのコーティングが選ばれる理由

Porsche/ポルシェ カーフィルム / ウィンドウフィルム ドイツ車 プロテクションフィルム

【プロテクションフィルム】PORSCHE 911 GT3 (Type 991.2)

こんにちは、株式会社カーハートです。

今回は PORSCHE 911 GT3 (Type 991.2) の施工実績をご紹介いたします。

施工内容

  1. プロテクションフィルム / フロントフルカバーセット (フロントバンパー、ボンネット、左右フェンダー、ヘッドライト)
  2. プロテクションフィルム / フロントガラス
  3. 透明断熱フィルム / IR-90HD / 運転席・助手席
  4. プロテクションフィルム / 運転席ドアポケット
  5. スリーラインデカール貼付 / 左右リアフェンダーのみ
  6. シリコンワイパーゴム交換 輸入車

リピーターのオーナー様からのご用命でした。

いつもご用命ありがとうございます。

公道のレーシングカー 911 GT3。

今でも中古車市場で人気を誇るType 991のGT3です。

走りを楽しもうとどうしても飛び石ダメージが気になりますが、その飛び石から守ってくれるのがプロテクションフィルムです。

カーハートではボンネットやフロントフェンダー、バンパーの場合はXPEL ULTIMATE PLUSで施工しております。

PPFの元祖メーカーであり、今でも最新のプロテクションフィルムを提供してくれるXPEL社製です。

あらゆる車の大判パーツをカバーしており、また施工性も高いのも1つのポイントです。

今回は完成写真のみのご紹介になりますが、ご覧ください。

全く貼ってあるのかわかりません。

横から見ても分かりません。

ボンネットのエンブレム周りを見るとようやくフィルムの境目が確認できます。

ボンネットの端の端まで覆っているのがお分かりいただけるでしょうか?

フロントガラスにもプロテクションフィルムを施工しております。

使用状況や保管状況によりますが、フロントガラスはワイパーの加減で1-2年程度で貼替えが必要になります。

ワイパーをほとんど使わず、飛び石も無ければより長く貼っておくことができます。

ストーンガードの貼替えと共に施工箇所のサイドデカールの貼替えも行いました。

991 GT3はフロントバンパーに特徴的な吸気口がありますが、車体専用のカット済みフィルムで施工しているためこのように曲面もしっかりとカバーできております。

施工させていただいたXPEL ULTIMATE PLUSには下記のような優れた機能があります。

XPEL ULTIMATE PLUSの機能

様々な優れた機能がありながらもその存在感はほぼありません。

ボンネットやフェンダーなど大判パーツは料金が高くなり施工に時間もかかりますが、その分貼るだけの価値がございます。

飛び石ダメージを気にされる全てのオーナー様にオススメです。

ご用命ありがとうございました。

-Porsche/ポルシェ, カーフィルム / ウィンドウフィルム, ドイツ車, プロテクションフィルム
-, , , , , , , , , ,

愛車の施工料金も掲載中

料金表はこちら

人気の国産車から希少な輸入車まであらゆるお車に対応!!

カーハートのコーティングが選ばれる理由
車体美に驚くリピーターが続出するボディコーティング
ポルシェのコーティングはディーラーと専門店どちらが良いですか?

PORSCHEの施工実績はこちら

輸入車・国産車の施工実績

===

ウィンドウ(窓ガラス)のフィルムついて詳しくはこちら

プロテクションフィルムについて詳しくはこちら

ラッピングフィルム/カッティングシートについて詳しくはこちら

© 2022 神戸・宝塚の車のコーティング専門店 | カーハート