神戸店の電話番号

078-891-5753

営業時間 9:00-18:00 / 日曜定休

KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

2020年5月限定10%OFFキャンペーンを実施中です

KUBEBOND DIAMOND9H ナノセラミックコーティング Mercedes-Benz/メルセデス・ベンツ ドイツ車 ホイールコーティング ボディコーティング 酸化チタンコート

【KUBEBOND DIAMOND9Hなど】Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+

こんにちは、カーハート神戸です。

今回はMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+の施工実績をご紹介します。

前回レザーコーティング、カーボンラッピング、プロテクションフィルムを施工したお車で追加でご用命いただきました。

コーティング前のAMG GT 63S

施工内容は最上級コーティング、KUBEBOND DIAMOND9H ナノセラミックコーティングの5層のプレミアムパック(ホイールコーティング,ウィンド撥水コーティング/全面)、ホイールリペア、酸化チタンコートを施工いたしました。

前回もですが、今回もたくさんのご用命でした。誠にありがとうございます。

それでは早速施工の様子をご紹介します。

KUBEBOND DIAMOND9Hが付かないようにAMG GT 63Sのフロントガラスをマスキングしているところ

こちらはKUBEBOND DIAMOND9Hの研磨の様子です。なぜ窓ガラスの端にマスキングテープを貼っているのかというと、DIAMOND9Hがガラス面につかないようにしています。

このセラミックコーティングは硬化速度がとても速く対象面にすぐに硬化して密着します。

剥離が非常に困難なため、扱いは非常に慎重になります。

AMG GT 63Sを研磨前にホイールカバーを守っているところ

ホイールにはカバーをして、コンパウンドが余計なところに入らないよう塞いでいます。

AMG GT 63Sをマスキングテープで保護したところ

ちなみになぜコーティングの研磨の時にマスキングテープをするのか、ご存知でしょうか?

それは研磨中、相当な量のコンパウンドが飛び散るのでそれが隙間に入り込まないようにするためです。また隅々までバフを当てて、磨きあげることができるからです。

AMG GT 63Sを磨いているところ

磨きが始まりました。

AMG GT 63Sを磨いているところ

新車のベンツの塗装は大抵傷も少ないです。

AMG GT 63Sを磨いているところ

AMG GT 63Sのボンネットを磨いているところ

それでもやはりちょっとしたスクラッチは付いており、ウールバフを使ってしっかりと磨いていきます。

AMG GT 63Sを磨いているところ

AMG GT 63Sを磨いているところ

AMG GT 63Sを磨いているところ

なにせ研磨した後に5層+1層のコーティングを施工することになっています。

輝きを最大限発揮できるようしっかりと磨いていきます。

AMG GT 63Sのリアウィング下をミニポリッシャーで磨いているところ

ミニポリッシャーを使うことにより、リアウィングとボディの間も丁寧にキレイに磨くことができます。

磨き終えたAMG GT 63Sを洗車しているところ

コンパウンドで粉だらけになりました。

脱脂作業も含めて専用の洗剤で洗車していきます。

磨き終えたAMG GT 63S

磨き終えたあとのボディです。周りの景色をキレイに吸い込むように美しくなりました。

磨き終えたAMG GT 63S

ボンネットも開けて、入り込んだコンパウンドを流していきます。

AMG GT 63SのV8エンジン

AMG謹製のV8エンジン周りも要チェックです。GENESISガラスコーティングであれば、ここから塗りの工程に入りますが、KUBEBONDは違います。

AMG GT 63SにKUBEBOND DIAMOND9Hのプライマー塗布をしているところ

コーティングの塗布の前に、プライマーの塗り込みをボディ全体に施していきます。

AMG GT 63SにKUBEBOND DIAMOND9Hのプライマー塗布をしているところ

均一に塗り伸ばしていきます。

KUBEBOND DIAMOND9Hのプライマー塗布を終えたAMG GT 63S

プライマーの塗り込みが完了しましたが、すでにツヤツヤです。

KUBEBOND DIAMOND9HをAMG GT 63Sに施工しているところ

ここから本剤の塗り込みがスタートです。 デザインしなおされたスタイリッシュなボトルに入ったセラミックコーティングを、1パネルずつ丁寧に塗り込んでいきます。

KUBEBOND DIAMOND9HをAMG GT 63Sに施工しているところ

塗りムラが固まってしまうと修正がとても大変なので、塗りムラを起こさないようにいつも以上に真剣に拭き上げていきます。

KUBEBOND DIAMOND9HをAMG GT 63Sに施工しているところ

ムラを残さないように、照明器具で照らしながら確認しています。

セラミックコーティングをAMG GT 63Sに施工しているところ

リアウィングも同じようにしっかりとコーティングしています。さて、どんな仕上がりになるのでしょうか?

ガリ傷のついたAMG GT 63Sのホイール

続いてはホイールの修正のご紹介です。ご覧のようにガリッと擦り傷がついています。

オプションの21インチの鍛造ホイールです。ホイールのリペアにも着手します。

ガリ傷のついたAMG GT 63Sのホイール

AMG GT 63Sのホイールのセンターキャップを外しているところ

センターキャップは専用のアダプターを使って外します。

センターキャップを外したAMG GT 63Sのホイール

こちらもどんな感じに仕上がるのでしょうか?

酸化チタンコートをAMG GT 63Sの車内に施工しているところ

続いては好評施工中の酸化チタンコートです。光触媒の力で車内の抗菌・抗ウイルス状態を保ちます。

酸化チタンコートをAMG GT 63Sのトランクに施工しているところ

光触媒は光(紫外線)が当たるたびに作用します。そのため、トランクなどの普段光が入らないところでも、開閉時に入る光によって反応を起こし抗菌・抗ウイルス状態にすることができます。

酸化チタンコートをAMG GT 63Sのフロアマットに施工しているところ

マットも1枚1枚、コーティングしました。

セラミックコーティングを施工したAMG GT 63S

さて5層の塗り込みが完了しました。

長時間の集中力が求められる真剣な作業でした。

セラミックコーティングを施工したAMG GT 63S

ツヤの深さがよくわかるかと思います。

セラミックコーティングを施工したAMG GT 63S

しかし、ここからもう一層、トップコートをコーティングします。このトップコートは接触角 125°の超撥水効果を持ち、汚れがかなり付きにくいコーティング剤となっています。 

ホイール修正をしたAMG GT 63Sのホイール

リペアから戻ってきたホイールもコーティングしてから装着します。

さて、どんな感じに仕上がったのでしょうか?完成写真をどうぞご覧ください。

セラミックコーティングを施工したAMG GT 63S

セラミックコーティングを施工したAMG GT 63S

KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S

KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S

圧倒的な艶やかな1台が完成いたしました。

ちなみに前回、レザーコーティングを施工した時の写真がこちら

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+

それで、こちらが今回の施工後の写真。

セラミックコーティングを施工したAMG GT 63S

光の当たり方の違いもありますが、未施工前と施工後で艶の深さがまったく違うのがわかります。

ホイール修正をしたAMG GT 63Sのホイール

ホイール修正の仕上がりもご覧ください。

ホイール修正をしたAMG GT 63Sのホイール

ホイール修正をしたAMG GT 63Sのホイール

どこに傷があったのかわからないほど、キレイに修正されています。

セラミックコーティングを施工したAMG GT 63S

このアングルを見て思い出しましたがこのあいだのCLSと同じく、このGT63Sも4ドアクーペです。

KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S

ホイールコーティングをしたAMG GT 63Sのホイール  KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S

KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S

同じようなアングルの写真を載せていますが、これでも結構絞って載せております。

KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S

どのアングルも魅力的で、きれいです。

KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S  KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63S  KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63Sのルーフ

ちなみにプレミアムパックのウィンド撥水コーティングは全面施工なので、サンルームにも撥水コーティングを施工しています。

KUBEBOND DIAMOND9Hを施工したAMG GT 63Sのリアウィング

リアウィングもしっかりと5+1回の重ね塗りをしております。

セラミックコーティングを施工したAMG GT 63S

最高のメルセデスに相応しい、最上級セラミックコーティング。

オーナー様にも大変喜んで頂けました。

見てすぐその違いに気が付かれた様子でした。

カーハートでは費用に見合った最高のディティリング作業をご提供しています。

ぜひ皆様の様々なニーズにお応えして参りますのでどうぞよろしくお願い致します。

当店のご利用誠にありがとうございました。

2020/06/02 追記 : 後日、オーナー様より嬉しいご感想をいただくことができました。(オーナー様の許可を得て掲載しております。)

GT63Sのオーナー様からコーティングの感想

 

KUBEBOND DIAMOND9Hについては以下の施工実績もご覧ください。

【KUBEBOND DIAMOND9H】MINI Crossover Cooper S (R60) ブレイジングレッド

【KUBEBOND DIAMOND9Hなど】MAZDA CX-8 ソウルレッドクリスタルメタリック

-KUBEBOND DIAMOND9H ナノセラミックコーティング, Mercedes-Benz/メルセデス・ベンツ, ドイツ車, ホイールコーティング, ボディコーティング, 酸化チタンコート
-, , , , , , , ,

===

カーハートのコーティングサービスについて詳しくはこちら

最新の施工実績はこちら

コーティングのメリットについて詳しくはこちら

コーティングの水弾きの違いについて詳しくはこちら

マット塗装のコーティングについてはこちら

© 2020 神戸・宝塚のコーティング専門店 | CARHEART