お問い合わせはこちら

営業時間 9:00-18:00 | 日曜定休

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

メルセデス・ベンツのコーティング:必要性やメリット、おすすめの施工内容

Mercedes-Benz/メルセデス・ベンツ ドイツ車 プロテクションフィルム レザーコーティング/ インテリアコーティング

【レザーコーティングなど】Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ ハイテックシルバー

2020年4月21日

こんにちは、カーハート神戸です。

今回はMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ をご紹介します。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ の バッジ

メルセデスAMGが独自開発した、最高出力639PSの高性能モデルです。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+のフロント周り

「パナメリカーナグリル」と呼ばれる垂直のルーバーを採用したグリルを持ち、フロント周りはメルセデスベンツらしい高級感満載です。

  1. レザーコーティング(車内のレザー周りすべて / 一部アルカンターラ含む)
  2. プロテクションフィルム(ヘッドライト、ドアエッジ、ドアハンドル、サイドシル、ロッカーパネル/カーボン)
  3. カーボンラッピング(ピラー)

をご用命いただきました。

ご新規の神戸市のオーナー様からでした。

カーハートをお選びくださりありがとうございます。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+のレザーシート

車内をご紹介しますと、主にレザーが使われている中に一部アルカンターラが含まれているコンビのシートになっております。

黒いところがアルカンターラなのですが、黒のレザーにしないところがさすがは高級車と言ったところでしょうか。

黒のレザーでも高級感はあると思いますが、アルカンターラを採用することによる質感の違いが雰囲気をより上質なものに仕上げていますね。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+のドアトリム

ドアトリムにはカーボンパーツが採用されています。

Burmester のスピーカーはデザインも俊逸です。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+のBピラー

今回はこちらのサイドのA,Bピラーにカーボンラッピングを施工いたします。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+のヘッドライト

こちらのヘッドライト、

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+のドアハンドル

ドアハンドル(ドアカップ)、

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+のサイドステップ

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+のサイドステップ

サイドシル、ロッカーパネル(カーボン)にはプロテクションフィルムを施工いたしました。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+のシートにコーティングしているところ

こちらはレザーコーティングを施工しているところです。

一見、クリーニングして塗るだけのように見えます。

が、実は塗るのが結構難しく終わったと思って見ると、塗れていないところがくっきり出てしまっていてやり直さないといけないことがあります。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+のヘッドレスト

ヘッドレストもレザーが使われています。隅々までコーティングするために取り外して施工いたします。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ に ラッピングしいているところ

こちらはカーボンラッピングを施工しているところですね。

3M社のカーボンラッピングを施工いたしました。

3M社のカーボンはドライカーボンのみのラインナップですが、他社製のクリアコートの付いたカーボンもご用意しております。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のヘッドライトにプロテクションフィルムを施工しているところ

ヘッドライトにもプロテクションフィルムを施工いたしました。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のドアハンドルにプロテクションフィルムを施工するものの、カットデータに誤差があり、はみ出してしまっている

こちらはドアハンドル(ドアカップ)にプロテクションフィルムを施工し終えたところです。

でも、なんだか様子がおかしい...。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のドアハンドルにプロテクションフィルムを施工するものの、カットデータに誤差があり、はみ出してしまっている

実は業者によるAMG GT63S専用のプレカット済みのフィルムを施工したのですが、なんと一部がはみ出てしまいました。  

普段こういうことは無いのですが、5mm程度の誤差があったようです。

結局、剥がしてドアカップのサイズを計測してワンオフ作成いたしました。

カット済みのフィルムを施工するのはある程度技術を積めばできますが、計測してフィルムから切り出して施工するのはまた1つ上の技術が求められます。

さて、すべての施工が完了しました。施工後の様子をご覧ください。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のヘッドライト

プロテクションフィルムを貼り付けたヘッドライトです。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のヘッドライト

全く見た目が変わらないのがプロテクションフィルムの良いところです。

ヘッドライトに施工すると飛び石対策だけでなく、黄ばみ対策にもなりますのでオススメです。

高級であればあるほど、黄ばんでいるヘッドライトは避けたいものです。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のドアエッジとドアハンドル

クーペらしいなだらかなボディにプロテクションフィルムをところどころ施工しております。

が、まったくわかりませんね。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のドアエッジとドアハンドル

ちょっと寄って見るとうっすらとラインが。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のドアエッジ

ドアエッジの美しいラインですが、カーブに綺麗に沿わせてプロテクションフィルムを貼るのはなかなか難しいんです。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のドアエッジ

縁石など当たりやすい下まで貼付いたします。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のドアハンドル

ちょっとトラブルがあったドアハンドルのプロテクションフィルムはこのように。

サイズは小さくても大きすぎてもいけません。

ジャストサイズに作成したフィルムを貼り付けています。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のサイドステップ

AMGのきれいなステッププレート周りにもプロテクションフィルムを施工済みです。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のサイドシル

後部座席にも施工済みです。

これで靴が当たっても傷が入りにくくなっています。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のサイドシル

ロッカーパネル・サイドシルにもプロテクションフィルムを施工済みです。

プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のサイドシル

よーく見ると

 

うっすらラインが見えますね。

 プロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のロッカーパネル 石が跳ねやすいサイドステップ、カーボンパーツもしっかりと保護します。

カーボンラッピングを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のBピラー

ピラーにはカーボンフィルムでラッピングしています。

カーボンラッピングを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のAピラー

小さなパーツですがよりスパルタンな雰囲気になります。

カーボンラッピングを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のBピラー

カーボンが違和感なくマッチしています。

カーボンラッピングを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のBピラー

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+

コーティングを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のレザーシート

最後はレザーコーティング(インテリアコーティング)のご紹介です。

コーティングを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のレザーシート

といっても、こちらも施工前後がわからないのが売りのサービスです。

コーティングを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のステアリング周り

あますところなくカーボンパーツとアルカンターラが使われていますね。

コーティングを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のドアトリム

コーティングを施工したMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のインテリア

レザーコーティングを施工しておくことで汚れがつきにくくなることはもちろん、紫外線による焼け対策、すり傷が入りにくくなっています。

また、通気性を保ちつつ水分・油分が抜けないようになっているので自然なしっとりとした状態を長く楽しめるようになっています。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ のリア周り

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+

すべて上手く施工することができました。リリースされて間もないお車ですので、高級車をよく見かける神戸でもまだ珍しい1台では無いかと思います。

この度は貴重な1台をご用命いただき、ありがとうございました!!

追記 : KUBEBOND DIAMOND9Hナノセラミックコーティングなどを後日、追加でご用命頂きました。

 

メルセデス・ベンツのコーティング:必要性やメリット、おすすめの施工内容
ゲレンデヴァーゲンでよくある質問

Mercedesの施工実績はこちら

輸入車・国産車の施工実績

無料見積実施中

お問い合わせはこちら

電話・メール・LINEでお問い合わせ可能

17種類以上のサービスを一度に施工できるカーハート
あらゆるダメージから車を守り続ける プロテクションフィルム
見た目も肌触りもいつも新車のように leather coating レザーコーティング
カーハートのコーティングが選ばれる理由

カーハートのオリジナルコンテンツ

カーハートのコーティングサービス: ディーラーと専門店を超える理由

カーハートのコーティングサービス: ディーラーと専門店を超える理由

カーハートのコーティングサービスは、ただの美しさを追求するだけでなく、長期的な車の保護を目指しています。

ディーラーや一般的な専門店を超える独自のメリットを提供し、お客様の愛車を新車時を超える輝きで長く保ちます。

専門店の技術と専用設備によるカスタマイズされたコーティングは、まさにオーダーメイドのスーツのよう。

ディーラーで満足できなかった方も、カーハートならではの質の高さにきっと満足いただけるでしょう。

お客様一人ひとりの期待を超えるサービスをお約束します。

車を美しく、かつ長持ちさせるカーハートのコーティングサービスの詳細はこちらから。

カーハートのコーティングついて詳しくはこちら

新車の美しさを長持ちさせるための3つのおすすめサービス

新車の美しさを長持ちさせるための5つの必須サービス

新車の輝きを長期間維持するため、カーハートがお勧めする3つのおすすめのサービスをご紹介します。

ボディ・ホイール・窓全面の専用のコーティングから、物理的ダメージを防ぐプロテクションフィルム、さらにはウィンドウフィルムまで、新車の美しさと快適性を保つためのサービスをご紹介いたします。

新車時の施工で、効率的かつ経済的に車を保護することが可能です。

カーハートはお客様の車を最適な状態に保つための全面的なサポートをいたします。

新車へのおすすめの3つのサービスについて詳しくはこちら

ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

ボディコーティングの可能性はただの輝き以上に多くを秘めています。

「新車以上の美しさ」とはどういうことか、そしてボディコーティングがどのように車を長期にわたって保護し続けるのか、この記事で徹底解説します。

耐久性の向上から、日々のメンテナンスの簡素化、さらには買取価格への好影響まで、知られざるコーティングのメリットを5つのポイントに分けてご紹介。

車を長く、そして美しく保つためにコーティングはどのような役割を果たすのでしょうか?

ぜひご一読ください。

ボディコーティングのメリットついて詳しくはこちら

黒い車のコーティング | 必要性やメリット・デメリット

黒い車のコーティング 必要性やメリット,デメリット

黒い車は人気の色ですが汚れや傷が目立ちやすく、扱いに注意が必要です。

本記事では黒ならではの特徴やその魅力、そしてその美しさを最大限に引き出し長持ちさせるための、洗車方法やメンテナンスのコツなどをご紹介いたします。

黒い車のコーティングついて詳しくはこちら

車の磨きとそのメリット、コーティングについて

車の磨きとメリット コーティングの必要性

愛車の美しさを取り戻すために「磨き」と「コーティング」の重要性をご存知ですか?私たちプロの視点から、その効果や専門店選びのポイントを詳しく解説しました。

下記のリンクから記事をご覧ください。

車の磨きとそのメリット、コーティングについて詳しくはこちら

【コーティングの水弾き】撥水・疎水(滑水)・親水の違い

コーティングにおける水弾きの接触角の違い

車のボディコーティングにおける水弾き性能の違いは、選択の決め手となることがありますが、本当はどうなのでしょうか?

撥水性、疎水性(滑水性)、親水性の特徴を理解することで、自分の車の使用状況やメンテナンススタイルに最適なコーティングを選ぶことができます。

この記事ではそれぞれの水弾き性能の違いと、コーティング選びにおいてどのように役立つかを解説しています。

コーティングの水弾きについて詳しくはこちら

【デメリットもあります】マット塗装とは? コーティングが勧められる理由

コーティング後のメルセデス マットグレー

マット塗装の魅力とは何か、そのメリットとデメリットを知りたい方へ。

独特の質感で車を際立たせるマット塗装は、多くのオーナーから注目されています。しかし、その取り扱いや特性についてはあまり知られていません。

50台以上のマット塗装車の施工実績のあるカーハートがマット塗装の全てを解説します。

マット塗装の美しさを長期間保持するためのコーティングや、メリットとデメリットを徹底比較した内容をぜひご覧ください。

マット塗装について詳しくはこちら

ボディーコーティングでよくいただく質問

ボディーコーティングでよくいただく質問

カーハートのボディコーティングに関するFAQページでは、新車の保護から日常のメンテナンスまで、よくある疑問に詳細に答えています。

新車時のコーティングの重要性、コーティング後のキズや汚れの対処法、さらにはワックスの使用や洗車機の利用についてまで、車の美しさを長持ちさせるための貴重な情報が満載です。

コーティングによる長期的な車の保護と美観維持に興味のある方は、ぜひこのページをご覧ください。

コーティングでよく頂く質問について詳しくはこちら

-Mercedes-Benz/メルセデス・ベンツ, ドイツ車, プロテクションフィルム, レザーコーティング/ インテリアコーティング
-, , , , , , , , , , , , , , , ,