お問い合わせはこちら

営業時間 9:00-18:00 / 日曜定休

LFTダブルバリアフィルムを全面施工したMINI JCW F56

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

MINI/ミニ イギリス車 ウィンドウフィルム / カーフィルム

【LFTダブルバリアフィルム】MINI JCW F56

こんにちは、株式会社 カーハート 神戸店です。

今回は MINI JCW F56 の施工実績をご紹介いたします。

施工内容

  1. LFTダブルバリアフィルム / DB-92C / フロントガラス
  2. LFTダブルバリアフィルム / DB-92C / 運転席・助手席
  3. LFTダブルバリアフィルム / DB-92C / リアガラス全面
  4. 酸化チタンコーティング キャンペーン施工

上記、4点をご用命いただきました。

新規のオーナー様からでした。

ご用命ありがとうございます。

コーティングではKUBEBOND DIAMOND9Hが人気沸騰中ですが、カーフィルムでは LFTダブルバリアフィルムが人気沸騰中です。

紫外線100%カット、赤外線97%カットの性能は大変魅力的です。

ちなみにメーカーには赤外線99%カットのDB-C90もラインナップされているのですが、可視光線透過率が下がりやすいためカーハートではDB-C92のみ施工させていただいております。

施工前の可視光線透過率はこちら。

運転席・助手席ガラスが74%。

フロントガラスは77%でした。

この状態でLFTダブルバリアフィルムを施工すると...。

運転席・助手席ガラスが-1%の73%。

フロントガラスが-2%の75%でした。

車検も余裕でクリアできる数値です。※車検の通過保証は行っておりません。

施工前後で比較して可視光線透過率が2-1%しか下がらないのもLFTダブルバリアフィルムの特徴です。

フロントガラス・運転席・助手席ガラスにフィルムを施工した場合は可視光線透過率測定証を作成させていただいております。

ディーラーでの車検時にお使いいただけます。

全くの透明ですので施工前後の差がありません。

フィルムはドットより内側に、ガラスの縁よりも内側に施工しております。

このように施工することで剥がれやすくなるリスクを抑えております。

ちなみにどのフィルムを施工しても同じなのですが、若干の異物噛みなどが発生します。

きれいなガレージでなるべくホコリが出ないように施工しているとはいえ、ホコリが一切無い病院のクリーンルームではないのでどうしても発生していまいます。

少し離れたところから見た時、運転中にチラチラ見えてうっとおしいようなレベルのゴミは無いように施工いたしますが、間近で見ると若干見えるレベルではぷつぷつと異物が見えるところがあります。

特に透明のフィルムはスモーク断然フィルムよりも目立ちやすいのでこの異物が見えやすく、しかもLFTダブルバリアフィルムはプラスチックのような硬さで修正が困難なフィルムですので異物噛みが目立ちやすいです。

もちろん、可能な限りキレイに貼れるよう努力致します。

納車時にオーナー様には「想像以上のキレイに貼れていた」とご感想いただきました。

夜間の走行時にも気になることは無かったとのことでしたので、オーナー様からしても問題のないクオリティで施工できていたようです。

良いクオリティで施工できて良かったです。

紫外線100%カットの日焼けしない車内環境づくりにはLFTダブルバリアフィルムがオススメです。

ご用命ありがとうございました。

-MINI/ミニ, イギリス車, ウィンドウフィルム / カーフィルム
-, , , , ,

車体美に驚くリピーターが続出するボディコーティング

イギリス車の施工実績はこちら

輸入車・国産車の施工実績

===

ウィンドウ(窓ガラス)のフィルムついて詳しくはこちら

プロテクションフィルムについて詳しくはこちら

ラッピングフィルム/カッティングシートについて詳しくはこちら

© 2021 神戸・宝塚の車のコーティング専門店 | カーハート