お問い合わせはこちら

営業時間 9:00-18:00 / 日曜定休

コーティング・クリーニングを施工したMINI Crossover Cooper S (R60) ブレイジングレッド

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

GENESISガラスコーティング MINI/ミニ イギリス車 ホイールコーティング ボディコーティング ルームクリーニング

【詳しく施工内容をご紹介】MINI クロスオーバー S (R60) ブレイジングレッドにコーティング施工

こんにちは、カーハート 神戸です。

今日は2019年の3月2日、MINIの日!!

MINIは今年で60周年だそうで、特別仕様のMINIが出たり、今年はMINIが盛り上がる1年になりそうです。

ということで今回は、当店のデモカーMINI クロスオーバー S (R60) ブレイジングレッドの施工実績をご紹介いたします。

2016年に中古車で導入された時に、コーティングやルームクリーニングを行った様子になります。

施工内容

  1. GENESISガラスコーティング
  2. ホイールコーティング
  3. ウィンド撥水コーティング
  4. ルームクリーニング

汚れた中古車新車の輝きをどのように取り戻すかご覧ください。

ボディチェック

通常、納車前に販売店が洗車などのクリーニングまたはコーティングを行いますが、今回は当店がクリーニングするということで何のクリーニングも行われていないまま、納車されました。

そのため、納車後とは思えない汚れようです。

初年度登録から2年経ったミニでした。

mini_coating_before2

ガラスやボディはコーティングされていませんので、水がベタッと張り付いています。

mini_coating_before6

サイドミラーの上には何かで引っ掛けたような黒い傷がついています。

mini_coating_before16

ボンネットの様子です。

少し見えにくかったので画像を加工しました。

ボンネット上にギラギラの傷がついているのがわかると思います。

mini_coating_before24

Bピラーにもギラツキが確認できます。

mini_coating_before30

mini_coating_before19

水垢や傷、汚れもいたる所に見えます。

ブレイジングレッドのボディが可哀想なことになっています。

mini_coating_before25

ホイール周りも汚れが目立ちます。

mini_coating_before1

ホイールを外すとブレーキローターも汚れているのが確認できました。

mini_coating_before17

ボンネットを開けるとエンジンルームにうっすらと埃が積もっていました。

mini_coating_before7

ドア周りも例外なく汚れています。

mini_coating_before8

サイドミラー下にも砂の汚れが溜まっていました。

mini_coating_before9

ゴム周りも汚れています。

mini_coating_before12

車内を見てみます。

エアコンのダクトにもホコリが見えます。

mini_coating_before13

サイドブレーキ周りも汚れが目立ちます。

mini_coating_before14

mini_coating_before15

シートの間にも見えます。

様々な箇所で汚れや傷の目立つミニ クロスオーバーでした。

ここからどのようにキレイになるのでしょうか!?

ホイールコーティング

dsc_0285

ホイールは表はあまり汚れていませんでしたが、裏側はびっしり汚れていました。

外さないと気が付かない汚れです。

様々なブラシ・洗剤を使って傷つけないように綺麗にクリーニングします。

クリーニングを進めるとこちら。

dsc_0301

こびりついた汚れをキレイに一掃することができました。

dsc_0308

ブレーキローター・ブレーキキャリパーも汚れが目立っていました。

dsc_0309

クリーニング&コーティング後がこちら。

ホイールコーティングではホイールだけではなく、ブレーキキャリパーもブレーキローターもクリーニング・コーティングしております。

以前はホイールの裏面とブレーキキャリパーへのコーティングはオプションサービスでしたが、現在はホイールコーティングに標準で施工させていただいております。

ルームクリーニング

dsc_0249

続いてはルームクリーニングです。

リンサーを全体に掛けます。

リンサーをすることでシート内部に潜んだ汚れを吸い取り、表面だけでなく内部も綺麗にします。

dsc_0261

dsc_0274

内張りもクリーニングできるスグレモノです。

dsc_0288

リンサーの先端ノズルを見ると、どれだけ汚れが蓄積されていたかわかります。

dsc_0292

コンソール周りは傷つけないよう柔らかいほうきを使って、クリーニングします。

ボディコーティングをご用命頂くと簡易クリーニングをセットで施工させていただいております。

本格的なものをお求めの方にドライ式とウエット式のルームクリーニングをご用意しております。

続いてはボディコーティングです。

ボディコーティング - 洗車

下地処理の最初は洗車を行います。

mini_cleaning1

mini_cleaning2

mini_cleaning3

下地処理の中でも研磨が特に重要ですが、この徹底的な洗車も重要です。

この洗車ではボディ表面のあらゆる汚れ、土・砂・鉄粉・花粉などを落とします。

落としきれていないと、汚れを噛んだ状態で研磨してしまい、傷を落とすのではなく逆に傷だらけにしてしまいます。

mini_cleaning7

ですので、徹底的に汚れを落とす必要があります。

しかも、闇雲に強い洗剤・粘土を使えば塗装を冒したり・傷だらけにしますので、徹底的にしなければならないものの丁寧に行う必要があります。

mini_cleaning8

mini_cleaning10

dsc_0361

dsc_0409

マフラーも、モール部分も専用スポンジを使って綺麗にします。

dsc_0432

dsc_0438

dsc_0442

dsc_0435

今回はウィンド撥水コーティングも施工するのでガラスの油膜取りも行いました。

dsc_0450

dsc_0451

dsc_0454

dsc_0458

高圧洗浄機であらゆる箇所の汚れを吹き飛ばします。ホイールハウスもクリーニングします。

高圧洗浄機は非常に強力な水を噴射しますので、塗装の状態等により高圧洗浄機は使用しない場合もあります。

dsc_0469

dsc_0472

たくさんの水を使い洗車で徹底的に汚れを落とした後は、ブロアーで水を飛ばしタオルで拭き上げます。

dsc_0481

dsc_0484

水を落としきった後は研磨のための養生を行います。

ガラスの隅やモールなどをマスキングでしっかりと保護します。

dsc_0497

dsc_0503

マスキングで保護する理由・メリットとしては

  1. 塗装が弱く飛ばしやすい縁を保護する
  2. 保護することで磨ける範囲ギリギリまで研磨できるようになる
  3. マスキングでパネル間の隙間を塞ぐことでコンパウンドの侵入を抑える

この3つが挙げられます。

そのため、マスキングをしっかりと行う=隅々まで研磨できる=隅々まで塗装をキレイにできることに繋がります。

dsc_0508

ちなみにボンネットを見るとこのように。

天井に設置した高輝度LEDライトが蛍光灯では見えない傷も見えるように映し出してくれます。

徹底的な洗車、細かなところまでのマスキングを終えて、ようやく研磨に入ります。

ボディコーティング - 研磨

下地処理の中でも最も技術が求められるのが研磨です。

dsc_0745

dsc_0734

研磨して、塗装の状態を見て、研磨して...の繰り返しで新車以上の輝きになるように塗装を整えていきます。

かなり細かく塗装を見ますので、塗装の不具合も発見することがよくあり、オーナー様に「そんなところに傷があるのは知らなかった」と言われることが多いです。

dsc_0523

dsc_0524dsc_0569

塗装の状態や施工するパーツによっては粗目の異なるバフやコンパウンド、ポリッシャーを変えてベストな塗装へ磨き上げていきます。

dsc_0637

dsc_0638

dsc_0713

dsc_0719dsc_0724dsc_0896

最後はダブルアクションポリッシャーでコンパウンドの絡みを取って仕上げます。

dsc_0927

研磨後は専用シャンプーを使ってコンパウンドを落としつつ、油分を脱脂します。

脱脂することでコーティングの密着性を高めることができます。

 dsc_0936

洗い流せば新車以上の塗装の完成です。

この塗装を保護するため、コーティングを塗布します。

ボディコーティング - コーティングケミカル塗布

genesis%e5%a1%97%e8%a3%85

磨き上げた美しい塗装そのままでは、汚れやすい状態です。

汚れにくくし、艶を出すためにコーティングを行います。

塗るだけの簡単な作業に見えますが、適当に塗ると拭き残しやムラが出てしまい仕上がりが汚く見えます。

せっかく磨き上げた塗装も台無しです。

dsc_100162dsc_100097

コーティングを進めるとこのように美しい塗装が輝いて見えるようになります。

dsc_100087

コーティング完了後は細かなところの汚れを取り除きます。

dsc_100139dsc_100168

グリルも1つ1つ汚れを落とします。

dsc_100169

dsc_100175

dsc_100180

サイドミラーの間も細かくクリーニングしました。

dsc_100186

dsc_100189

ゴムやパーツの間1つ1つ細かなところまで汚れが無いよう、綺麗にします。

dsc_100152

窓ガラスには窓ガラス専用のウィンド撥水コーティングを施工しました。

フロントガラスは約1年、サイド・リアガラスは3-5年の耐久性があります。

撥水していない状態ですと、水玉ができずベタッと流れていくのですがかなり前が見づらくワイパーをずっと作動させなければなりません。

ウィンド撥水コーティングしていると水玉が風でも流れていき、未施工の場合に比べワイパーを細かく作動させずに済み視界をクリアに保ちやすいです。

dsc_100183

この後、電装取り付けを行い完了しました。

完成写真

施工前かなり汚かったMINI R60がどれほどキレイになったか、どうぞご覧ください。

dsc_100376

dsc_100408

dsc_100354

ツヤツヤの新車ボディへよみがえりました。

dsc_100361dsc_100365

dsc_100374

コーティング・クリーニングを施工したMINI Crossover Cooper S (R60) ブレイジングレッド

コーティング・クリーニングを施工したMINI Crossover Cooper S (R60) ブレイジングレッド

コーティング・クリーニングを施工したMINI Crossover Cooper S (R60) ブレイジングレッド

コーティング・クリーニングを施工したMINI Crossover Cooper S (R60) ブレイジングレッド

コーティング・クリーニングを施工したMINI Crossover Cooper S (R60) ブレイジングレッド コーティング・クリーニングを施工したMINI Crossover Cooper S (R60) ブレイジングレッド

dsc_100368

dsc_100380

ちなみにGENESISガラスコーティングは撥水性なのですが、どれぐらい撥水するのでしょうか?

水をかけてみました。

dsc_100387

dsc_100394

気持ちいいほど、ドバドバと水が流れていきます!!

ホイールにも水をかけてみます。

dsc_100402

dsc_100403   

しっかりと水玉撥水していますね。

これで長期間、ホイールの汚れがつきにくくなります。

dsc_100367

バキッと美しい1台へと仕上げることができました。

車は汚くてもガソリンさえ入っていれば動きますが、テンションは上がらないですよね。

単なる移動手段です。

逆にキレイだと、乗る機会が少なくても見るだけでテンションが上がりますよね。

乗るときも、気持ちが高揚します。元気になれます。

でも、車は外で使うので乗らなくても汚くなっていきます。

汚くなるとまたテンションが下がりますね。

しかし、コーティングをしていると洗車が楽しくなります。

しつこい汚れがかなりできにくいですし、汚れがするんと落ちていきます。

撥水性のコーティングなら、バシャバシャと水が落ちていくところを見るだけで癒やされます。

もっと多くの方にこの本当のコーティングの価値を知って頂ければと思います!!

施工から2年後

施工から2年後に改めて撮影しました。

(ナンバー加工・トリミング加工以外、艶や輝きに関係する部分は何も編集していません)

2年経っても、綺麗なままです。

撥水もしっかりしています。

 

初年度登録から4年、購入から2年経ったお車とは思えない輝きと艶です。

GENESISガラスコーティングは施工当初は最高ランクに位置するコーティングでした。

それから2年、新たなコーティングが2つも追加され、滑水性やセラミックコーティングなど多彩な水弾き・艶をご提供できるようになりました。

今ではスタンダードなコーティングになったGENESISガラスコーティングですが、まだまだ現役のコーティングです。

リーズナブルに専門店のコーティングを楽しみたい方にオススメです。

より高い耐久性をお求めの方にはGENESIS STELLA ガラスコーティングが。

コーティングや車のデザインなどに色々とこだわりがあるオーナー様のためにKUBEBOND DIAMOND9H ナノセラミックコーティングがあります。

いずれのコーティングも専門店ならではのクオリティがあります。

さらに今回の施工より2年経ち、施工環境も少しずつ変わり、超高級車のコーティングも手がけるなど経験を積みました。

どうぞ、こだわりの愛車のコーティングはカーハートにお任せください。

KUBEBOND DIAMOND9Hナノセラミックコーティングを施工したMINI R60

なお、今回のMINI R60はKUBEBOND DIAMOND9Hの導入に伴い、最近新たにコーティングし直しました。

その模様は近日公開です!!

5.7追記 公開いたしました。

【KUBEBOND DIAMOND9H】MINI クロスオーバー S (R60) ブレイジングレッド

-GENESISガラスコーティング, MINI/ミニ, イギリス車, ホイールコーティング, ボディコーティング, ルームクリーニング
-, , , ,

車体美に驚くリピーターが続出するボディコーティング

イギリス車の施工実績はこちら

輸入車・国産車の施工実績

多彩な施工実績

少人数精鋭の施工のため施工台数は年間500台と多くはありませんが、1台1台確実にご満足頂けるコーティングを施工しております。

MINI COOPER CROSSOVER S (R60)

KUBEBOND DIAMOND9Hナノセラミックコーティングを施工したMINI R60

詳しくはこちら

MAZDA CX-8 ソウルレッドクリスタルメタリック

KUBEBOND DIAMOND9Hなどを施工したMAZDA CX-8 ソウルレッドクリスタルメタリック 正面より

詳しくはこちら

Mercedes-Benz S560 (W222) ダイヤモンドホワイト

コーティングを施工した メルセデス ベンツ Sクラス W222

詳しくはこちら

PORSCHE 911 Turbo S Cabriolet (Type992)

コーティングを施工したPorsche 911 carerra Turbo S cabriolet(992) ジェットブラックメタリック×レッド

詳しくはこちら

HONDA CIVIC Type R Limited Edition

コーティングを施工したシビック タイプR リミテッド エディション

詳しくはこちら

TOYOTA センチュリー

コーティングを施工したトヨタ センチュリー 神威エターナルブラック(225)

詳しくはこちら

Lamborghini Aventador SVJ

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

詳しくはこちら

TESLA MODEL X

ディープブルーメタリックのTesla Model Xにボディコーティングを施工したあとファルコンウィングドアをオープンさせた時の状態。

詳しくはこちら

CHEVROLET Impala 1967

ボディコーティングを施工したCHEVROLET Impala1967

詳しくはこちら

Daimler 4.0

GENESISガラスコーティングを施工したデイムラー 4.0。1990-1994年製造

詳しくはこちら

YAMAHA XJR1300

コーティング施工後の YAMAHA XJR 1300

詳しくはこちら

Maserati Granturismo

コーティングを施工したマセラティ グラントゥーリズモ ネロ カルボニオ

詳しくはこちら

FERRARI 360モデナ ロッソコルサ

コーティングを施工した360モデナ(フェラーリ)

詳しくはこちら

===

カーハートのコーティングサービスについて詳しくはこちら

コーティングのメリットについて詳しくはこちら

コーティングの水弾きの違いについて詳しくはこちら

マット塗装のコーティングについてはこちら

© 2021 神戸・宝塚の車のコーティング専門店 | カーハート