お問い合わせはこちら

営業時間 9:00-18:00 | 日曜定休

トリムモールをラッピングフィルムでブラックアウトしたAudi A3

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

Audi/アウディ ドイツ車 ラッピングフィルム/カッテイングシート

【ラッピング】Audi A3 トリムモール

2022年10月29日

こんにちは、株式会社カーハートです。

今回は Audi A3の施工実績をご紹介いたします。

施工内容

1.ラッピングフィルム / トリムモール / グロスブラック

新規のオーナー様からのご用命でした。

ありがとうございます。

輸入車のトリムモールは日本の高温多湿の環境ですと、1年から数年で白い水垢(白ボケ、白濁、白サビなどとも言います)が大量に発生します。

輸入車はメーカー問わず、メルセデス・ベンツ、BMW、Audi、フォルクスワーゲン、マセラティ、PORSCHEなどあらゆるメーカーの車で発生します。

この白サビを抑えるためにはトリムモールに対策が必要です。

対策方法としては

  1. 透明のプロテクションフィルムを貼り付ける。
  2. ラッピングフィルムを貼り付ける。

この2つの方法がございます。

どちらもトリムモールの代わりにフィルムにダメージを負ってもらうイメージで、劣化後のフィルムを剥がせば元のキレイな状態に戻すことができます。

それそれのメリット・デメリットをまとめますと

プロテクションフィルムの場合、貼ってあることがほとんど分からない仕上がりになります。

プロテクションフィルムを施工したマセラティ レヴァンテのメッキモール

プロテクションフィルムを施工したマセラティ レヴァンテのトリムモール(メッキモール)

またラッピングフィルムに比べると耐久性が高いことが挙げられます。

ラッピングフィルムは装飾を目的としたフィルムですので、平面のフィルムが曲面のパーツにも追従するようにできております。

追従性を良くするために糊の粘着が若干弱くできております。

プロテクションフィルムは塗装を保護することを目的としたフィルムですので、糊が強固です。

ですが、ラッピングフィルムに比べてフィルムが硬く収縮性が弱いため、曲面への施工に向きません。

プロテクションフィルムに比べるとラッピングフィルムは耐久性が弱いですが、劣化が進むにつれて一気にめくれ上がることはありません。

周囲が少し浮いたりすることはありますが、剥がそうとしない限りはめくれることはありません。

ラッピングフィルムのメリットは塗装面・トリムモールを保護するのと同時に塗装とほとんど変わらないクオリティで色を変えられることです。

今回のAudi A3の施工事例を見ていただくと分かる通り、ラッピングをしていないピラーとラッピングを施工したトリムモールが同じように見えることから分かります。

シルバーのメッキパーツは輸入車でも多く使われますが、どこか安っぽい雰囲気があるということで輸入車・国産車問わずブラックアウトを検討されるオーナー様は多いです。

ブラックアウトとコーティングなどを施工したレクサス LX600 202ブラック

フロントのガーニッシュを塗装でブラックアウトしたLX600

ラッピングは必ずしも全てのパーツで施工できるわけではありませんので、パーツによっては塗装での対応になりますがこのようにブラックアウトすることで他の車にはない重厚感ある仕上がりになります。

このようにプロテクションフィルム、ラッピングフィルムでトリムモールを白ボケから保護することができます。

シルバーのパーツが無くなることでよりスポーティーな雰囲気になりました。

とりあえず他の車と違うようにしたいと思われる方にはこのブラックアウトのラッピングがオススメです。

輸入車の場合は特にこのトリムモールの白ボケ対策としてもオススメです。

お気軽にご相談ください。

Audiの施工実績はこちら

ラッピングフィルムの施工実績はこちら

輸入車・国産車の施工実績

無料見積実施中

お問い合わせはこちら

電話・メール・LINEでお問い合わせ可能

17種類以上のサービスを一度に施工できるカーハート
カーハートのコーティングが選ばれる理由

カーハートのオリジナルコンテンツ

カーハートのコーティングサービス: ディーラーと専門店を超える理由

カーハートのコーティングサービス: ディーラーと専門店を超える理由

カーハートのコーティングサービスは、ただの美しさを追求するだけでなく、長期的な車の保護を目指しています。

ディーラーや一般的な専門店を超える独自のメリットを提供し、お客様の愛車を新車時を超える輝きで長く保ちます。

専門店の技術と専用設備によるカスタマイズされたコーティングは、まさにオーダーメイドのスーツのよう。

ディーラーで満足できなかった方も、カーハートならではの質の高さにきっと満足いただけるでしょう。

お客様一人ひとりの期待を超えるサービスをお約束します。

車を美しく、かつ長持ちさせるカーハートのコーティングサービスの詳細はこちらから。

カーハートのコーティングついて詳しくはこちら

コーティングの仕上がりを左右する研磨のビフォーアフター

コーティングの仕上がりを左右する研磨のビフォーアフター

カーハートは1993年より研磨技術の向上に尽力し、オーナー様に美しい仕上がりを提供し続けています。2009年からブログで研磨のビフォーアフターを公開し、高級車から国産車まであらゆる車種を扱ってきた実績をご紹介しております。

この記事では、施工実績ブログに掲載された研磨のビフォーアフターの画像とリンクをまとめました。カーハートが追求し続ける「美しさ」の結晶を、ぜひご覧ください。

コーティングの仕上がりを左右する研磨のビフォーアフターについて詳しくはこちら

新車の美しさを長持ちさせるための3つのおすすめサービス

新車の美しさを長持ちさせるための5つの必須サービス

新車の輝きを長期間維持するため、カーハートがお勧めする3つのおすすめのサービスをご紹介します。

ボディ・ホイール・窓全面の専用のコーティングから、物理的ダメージを防ぐプロテクションフィルム、さらにはウィンドウフィルムまで、新車の美しさと快適性を保つためのサービスをご紹介いたします。

新車時の施工で、効率的かつ経済的に車を保護することが可能です。

カーハートはお客様の車を最適な状態に保つための全面的なサポートをいたします。

新車へのおすすめの3つのサービスについて詳しくはこちら

ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

ボディコーティングの可能性はただの輝き以上に多くを秘めています。

「新車以上の美しさ」とはどういうことか、そしてボディコーティングがどのように車を長期にわたって保護し続けるのか、この記事で徹底解説します。

耐久性の向上から、日々のメンテナンスの簡素化、さらには買取価格への好影響まで、知られざるコーティングのメリットを5つのポイントに分けてご紹介。

車を長く、そして美しく保つためにコーティングはどのような役割を果たすのでしょうか?

ぜひご一読ください。

ボディコーティングのメリットついて詳しくはこちら

黒い車のコーティング | 必要性やメリット・デメリット

黒い車のコーティング 必要性やメリット,デメリット

黒い車は人気の色ですが汚れや傷が目立ちやすく、扱いに注意が必要です。

本記事では黒ならではの特徴やその魅力、そしてその美しさを最大限に引き出し長持ちさせるための、洗車方法やメンテナンスのコツなどをご紹介いたします。

黒い車のコーティングついて詳しくはこちら

車の磨きとそのメリット、コーティングについて

車の磨きとメリット コーティングの必要性

愛車の美しさを取り戻すために「磨き」と「コーティング」の重要性をご存知ですか?私たちプロの視点から、その効果や専門店選びのポイントを詳しく解説しました。

下記のリンクから記事をご覧ください。

車の磨きとそのメリット、コーティングについて詳しくはこちら

【コーティングの水弾き】撥水・疎水(滑水)・親水の違い

コーティングにおける水弾きの接触角の違い

車のボディコーティングにおける水弾き性能の違いは、選択の決め手となることがありますが、本当はどうなのでしょうか?

撥水性、疎水性(滑水性)、親水性の特徴を理解することで、自分の車の使用状況やメンテナンススタイルに最適なコーティングを選ぶことができます。

この記事ではそれぞれの水弾き性能の違いと、コーティング選びにおいてどのように役立つかを解説しています。

コーティングの水弾きについて詳しくはこちら

【デメリットもあります】マット塗装とは? コーティングが勧められる理由

コーティング後のメルセデス マットグレー

マット塗装の魅力とは何か、そのメリットとデメリットを知りたい方へ。

独特の質感で車を際立たせるマット塗装は、多くのオーナーから注目されています。しかし、その取り扱いや特性についてはあまり知られていません。

50台以上のマット塗装車の施工実績のあるカーハートがマット塗装の全てを解説します。

マット塗装の美しさを長期間保持するためのコーティングや、メリットとデメリットを徹底比較した内容をぜひご覧ください。

マット塗装について詳しくはこちら

マット塗装を保護する2つの方法

マット塗装を守る2つの方法

マット塗装の美しさを守るための最適な方法をご提案いたします。カーハートではマット塗装の保護に関する豊富な経験と知識を持ち、これまで50台近くのマット塗装車に施工してきました。

プロテクションフィルムとコーティングのメリット・デメリットを解説し、両者を組み合わせたハイブリッド施工という最適な方法をご提案しています。施工実績も多数掲載。ぜひご覧ください。

マット塗装を保護する方法について詳しくはこちら

ボディーコーティングでよくいただく質問

ボディーコーティングでよくいただく質問

カーハートのボディコーティングに関するFAQページでは、新車の保護から日常のメンテナンスまで、よくある疑問に詳細に答えています。

新車時のコーティングの重要性、コーティング後のキズや汚れの対処法、さらにはワックスの使用や洗車機の利用についてまで、車の美しさを長持ちさせるための貴重な情報が満載です。

コーティングによる長期的な車の保護と美観維持に興味のある方は、ぜひこのページをご覧ください。

コーティングでよく頂く質問について詳しくはこちら

-Audi/アウディ, ドイツ車, ラッピングフィルム/カッテイングシート
-,