メルセデス AMG G63に酸化チタンコートを施工しているところ
2020年5月限定10%OFFキャンペーンを実施中です

Mercedes-Benz/メルセデス・ベンツ ドイツ車 プロテクションフィルム 酸化チタンコート

【酸化チタンコート&PPF】メルセデス AMG G63 (W463)

こんにちは、カーハート神戸です。

今回はメルセデス AMG G63 (W463)の施工実績をご紹介します。ドアエッジ・ドアステップへプロテクションフィルムの施工、そして今プッシュ中の酸化チタンコーティング(Jチタンコート)を施工いたしました。

メルセデス AMG G63

W463ですが、フロント周りを見るとわかるように新型のW463です。

メルセデス AMG G63のサイドステップ

こちらのサイドステップにプロテクションフィルムを施工します。

プロテクションフィルムやラッピングはごく小さな砂粒やチリなども気泡になったり膨らんだりしますので

まず念入りに清掃することから始めます。そして油分をしっかり取って密着性を上げます。

 

メルセデス AMG G63のサイドステップにプロテクションフィルムを施工しているところ

1mm単位で正確にフィルムを切り出しプレートに合わせていきます。

メルセデス AMG G63のサイドステップにプロテクションフィルムを施工しているところ

施工液を残さないように丁寧にスキージングしていきます。

 

プロテクションフィルムを施工したメルセデス AMG G63のサイドステップ

片側を貼るのに半日を要しました。

プロテクションフィルムを施工したメルセデス AMG G63のサイドステップ

水平面のプレートもそうですがこの幅の広い丸い角のプレートが最も傷付きやすいです。

プロテクションフィルムを貼っていない車では、結構深い傷が付いている車両をよく見かけます。

 

プロテクションフィルムを施工したメルセデス AMG G63のサイドステップ

実は見栄えも変化がありまして艶や透明感が増していい感じになります。

メルセデス AMG G63に酸化チタンコートを施工しているところ

続いて最新の施工メニューの登場です。

酸化チタンコート(Jチタンコート)の施工です。

ウイルス対策のために、取り入れた大変優れたコーティングです。

50年の歴史のある光触媒技術は近年まだまだ進歩を続けており、今や宇宙開発でも用いられるようになりました。

最新のテクノロジーが愛車を強力に保護します。

元々金属粉である酸化チタンをナノレベルの粒子にし、専用のエアガンでくまなくインテリア行き渡らせコーティングします。

結果3年という驚異的な期間持続します。

ではその施工風景を動画でご覧下さい。

 

酸化チタンコートを施工したメルセデス AMG G63

太陽光または照明からの紫外線を受けると表面の酸化チタンから活性酸素が発生しウイルスや菌を撃退してくれます。

施工しますと目に見えはしなのですが安心感が違いますね。

プロテクションフィルムを施工したメルセデス AMG G63のドアエッジ・ドアハンドル

ドアエッジにもプロテクションフィルムを貼付しました。

ゲレンデのドアエッジは他の車よりも非常に縦の長さがあります。

ディーラー等でも施工しているところがありますが、不慣れな人が貼るとグニャグニャになります。

カーブしているところなど後から浮き上がってくることもよくあります。簡単そうですが、実は決して簡単な作業では無いんです。

ではエレガントなG63の完成画像をどうぞご覧下さい。

メルセデス AMG G63

プロテクションフィルムを施工したメルセデス AMG G63のサイドステップ

プロテクションフィルムを施工したメルセデス AMG G63のドアエッジ・ドアハンドル

この度は当店のご利用誠にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

===

ウィンドウ(窓ガラス)のフィルムついて詳しくはこちら

プロテクションフィルムについて詳しくはこちら

ラッピングフィルム/カッティングシートについて詳しくはこちら

-Mercedes-Benz/メルセデス・ベンツ, ドイツ車, プロテクションフィルム, 酸化チタンコート
-,

Copyright© 神戸・宝塚のコーティング専門店 | CARHEART , 2020 All Rights Reserved.