神戸店の電話番号

078-891-5753

営業時間 9:00-18:00 / 日曜定休

コーティングとプロテクションフィルムを施工したトヨタ ハリアー

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

GENESISガラスコーティング TOYOTA/トヨタ ウィンド撥水コーティング プロテクションフィルム ホイールコーティング ボディコーティング 日本車

【コーティング&PPF】80系 ハリアー プレシャスブラックパール(219)

こんにちは、カーハート神戸です!!

今回は80系 ハリアー プレシャスブラックパール(219) の施工実績のご紹介です。

月の販売目標を14倍超える受注があった今話題の人気モデルです。

作業当日のガレージ内を見てみると

同じハリアーが2台入っていました(笑)

しかも同じプレシャスブラックパール(219)です。

さらに、どちらのオーナー様もリピーターのオーナー様でした。

いつもカーハートをご利用頂き、本当にありがとうございます。

今回ご紹介するハリアーを奥のハリアーです。

施工内容は

  1. GENESIS STELLA ガラスコーティング
  2. プレミアムパック(ホイールコーティング,ウィンド撥水コーティング/全面)
  3. プロテクションフィルム / ドアエッジ
  4. プロテクションフィルム / ドアハンドル
  5. プロテクションフィルム / ドアステップ
  6. プロテクションフィルム / リアバンパーゲートステップ
  7. プロテクションフィルム / B・Cピラー
  8. カーナビフィルム貼付
  9. アルミペダル取付

以上、9点をご用命頂きました。ありがとうございます。

8.カーナビフィルム貼付 と 9.アルミペダル取付 は メニューに無いサービスですが、施工しております。

できないものもございますが、できるものも多いです。お気軽にお尋ねください。

※コーティングなど他のサービスと同時にご用命頂くことが必須です。ご依頼内容によってはサービスでさせて頂きます。

新型ハリアーの特徴といえば、このリアのデザインですよね。

コーティングの仕上がりが楽しみです。

今回、同じカラーの同じハリアーが入庫しておりましたが、唯一違ったのが こちらの GRパーツ。

GRフロントスポイラー、GRサイドスカート、GRリヤバンパースポイラー&GRスポーツマフラーの4点が装着済みでした。

サービスで施工させて頂いたペダルとカーナビは施工前はこんな感じでした。

ちなみにカーハートでは、基本的に車に貼り付けられているステッカーやフィルムを剥がしません。

燃費ステッカーや剥がしてほしいフィルムがあれば事前に一言お掛けください。

作業の様子をご覧ください。

コーティングの研磨の様子です。

新車でのご入庫でしたが、鉄粉の付着があったり、いくらか傷がございましたのでしっかりと磨かせて頂きました。

そういえば、80系からエンブレムのタカ(チュウヒ)が通常のTOYOTAエンブレムに変わっていました。

無くしてしまったのかなと思っていましたが、意外な場所にいました。それは後ほど...。

こちらはドアハンドルにプロテクションフィルムを施工しているところです。

ホイールはもちろん1本、1本外してコーティング致しました。

作業の様子は以上です。

では、どのように仕上がったのでしょうか?

仕上がりの様子をご覧ください。

とてもクッキリ完成いたしました。

写真の加工を疑いたくなるかもしれませんが、加工はトリミングとナンバー加工以外はしておりません。明るさやコントラスト加工は0です。

2層式のGENESIS STELLA ガラスコーティングによって、この輝き長期間維持できます。

ヘッドライト周りをじっくり見ますと、鷹が羽を伸ばしたかのようなデザインですね。

リリース時のトヨタによるプレスリリースによると

フロントアッパーグリルからヘッドランプへと流れるような連続性により、精悍かつシャープな印象を際立たせたフロントビュー。“シグネチャーランプ*2”は、遠くからでも新型ハリアーと分かる個性と先進性を強調 -TOYOTA、新型ハリアーを発表-SUVのカテゴリーを超えた新たな存在-

*2「特徴的」を意味するシグネチャー。ここでは、新型ハリアーならではの特徴的なデザインとして、二重のL字型に発光するデイタイムランニングランプを指す

とありました。具体的にタカについての言及はありませんでした。でも、タカを意識していると思うんですよねえ。。。どうなんでしょうか(笑)

ここからはプロテクションフィルムを施工した箇所をご覧ください。

B・Cピラー

ドアエッジ、ドアハンドル

ドアハンドルですが、施工箇所が分かりにくいので画像上にラインを入れました。

かなりキワキワまで施工しているのがお分かり頂けるでしょうか?

純正品とは違い、広範囲にダメージを守ることができるのが 専門店のプロテクションフィルムです。

ドアステップはこんな感じです。

手前はここまで。

奥はラインを入れたところまで貼っております。

この境目がよーく見ないと見えないレベルで、納車時に オーナー様の前で 「えーっと、確かこの辺りだったんですけど」とちょっと探してしまいました(^_^;)

ドアで暗くなっている関係もありますが、本当に見えませんでした。

それくらい見えません。

リアのステップはこんな感じです。

手前のところ、色が少し変わっているところがプロテクションフィルムを施工した箇所になります。

こちらはリアバンパーゲートステップですね。

近くで見ると境目が見えるのですが

少し離れると全然です。

GRリヤバンパースポイラー&GRスポーツマフラー周りもコーティング済みです。

GRフロントスポイラー、GRサイドスカートの樹脂パーツも専用コーティングを施工しております。

フィルムを施工したナビです。

マスキングしておりますが、アルミペダルもしっかり取り付けさせて頂きました。

最後にふと気がつくと、エンブレムからいなくなったチュウヒがいました。

分かりにくいですが、ドアトリムの端っこにおります。

インテリアにこだわるメーカーが増えてきていますが、トリムにエンブレムを刻印するのは珍しいのではないでしょうか。

いつもながら美しく仕上げることができました!!

オーナー様にも喜んで頂くことができて本当に良かったです。

ご愛顧いただける会社として頑張っていきます。

ご用命ありがとうございました。

CATEGORY
-GENESISガラスコーティング,TOYOTA/トヨタ,ウィンド撥水コーティング,プロテクションフィルム,ホイールコーティング,ボディコーティング,日本車
TAGS
-, , , , ,

===

カーハートのコーティングサービスについて詳しくはこちら

最新の施工実績はこちら

コーティングのメリットについて詳しくはこちら

コーティングの水弾きの違いについて詳しくはこちら

マット塗装のコーティングについてはこちら

===

ウィンドウ(窓ガラス)のフィルムついて詳しくはこちら

プロテクションフィルムについて詳しくはこちら

ラッピングフィルム/カッティングシートについて詳しくはこちら

© 2020 神戸・宝塚のコーティング専門店 | CARHEART