お問い合わせはこちら

営業時間 9:00-18:00 | 日曜定休

コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

メルセデス・ベンツのコーティング:必要性やメリット、おすすめの施工内容

GENESISガラスコーティング Mercedes-Benz/メルセデス・ベンツ ウィンドウ撥水コーティング ドイツ車 プロテクションフィルム ボディコーティング マット塗装(マットボディ)

【マット塗装にコーティング】Mercedes-AMG G63 Edition Matt Black 4台目

2020年6月23日

こんにちは、カーハート神戸です。

今回はMercedes-AMG G63 Edition Matt Blackの施工実績のご紹介です。

今回で4台目の施工となります。

1台目の施工実績記事

2台目の施工実績記事 非公開

3台目の施工実績記事

Gクラスでしかもマットブラックなのは結構レアな車だと思うのですが、たくさんご用命頂いていることに感謝しております。

ありがとうございます。

ちなみに、今度は「Mercedes-AMG G 63 STRONGER THAN TIME Edition」という250台限定車両のうち100台限定で、マット塗装のマグノナイトブラック仕様車がリリースされるみたいですね。

2019年にリリースされたエディションマットブラック(今回のG63)は デジーノマグノナイトブラック なので色味が少し変わったりするのでしょうか?

実車を早く見てみたいですね。

コーティング施工前のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

今回のご依頼内容は

  1. GENESISガラスコーティング
  2. ウィンド撥水コーティング(全面)
  3. プロテクションフィルム 左右サイドステップ
  4. プロテクションフィルム ドアステッププレート

の4点でした。

3,4のステップ周りのプロテクションフィルムは、ゲレンデオーナー様には必須のアイテムですね。

さて、今回4台目になるのですが、他の3台とは違うところが。

それは新車ではないということです。ちょうど1年が経過した経年車になります。

1年が経過しているということは、、、、

新車と比べると、、、、

コーティング施工前のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

お分かり頂けるでしょうか?

コーティング施工前のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

コーティング施工前のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

コーティング施工前のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

目立つシミや汚れがたくさん付いておりました。

通常のクリア塗装であれば、ある程度のシミはカー用品店で販売されているシャンプーなどを使って落とすことができるかもしれませんが、今回はマット塗装。

下手に触ると、塗装を痛めてしまいます。(T_T)

オーナー様は週に1度は洗車されていたそうですが、それでもシミが付いてしまいました。

メルセデス AMG G63 エディション マットブラックのボンネットにあったシミ

そして、オーナー様が特に気にされていたのがこの水をかけた時に出る ウロコ状のシミ。

このレベルはDIYでは取ることはできません。

このシミをどうにかしたいということでご依頼がありました。

また、サイドステップのプロテクションフィルムですが、今回痛感したのが 新車時の施工が重要であることです。

というのも、施工前の写真をご覧ください。

プロテクションフィルムを施工前のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

ステンレスモールにシャリシャリとした擦ったようなキズが付いてしまっています。

磨いたら取れるんでしょ? と思われるかもしれません。

実際、磨けなくは無いのですが、今度は細かいキズが付いてしまいます。(T_T)

通常のボディとは違って磨いても落としきれません。

傷つく前のプロテクションが重要です。

プロテクションフィルムを施工前のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

ステップのプレートもプロテクションフィルムを施工いたします。

セダンなどですとステップを踏まなかったり、踏んでもそんなにしっかり踏まないかと思いますが、SUVや特にゲレンデなどの車高が高い車の場合、しっかり踏まないと乗り込めないのでステップ周りが傷つきやすいです。

傷つきやすいサイドステップ、ドアステップ、ステッププレートは予めプロテクションフィルムで保護しておくことがオススメです。

特に新車時の施工を全ゲレンデオーナー様にオススメいたします。

メルセデス AMG G63 エディション マットブラックにプロテクションフィルムを施工しているところ

プレート1枚1枚にフィルムを貼り合わせていきます。

メルセデス AMG G63 エディション マットブラック

基本的に研磨ができませんので、ケミカル中心で全体をリフレッシュいたしました。

メルセデス AMG G63 エディション マットブラックにコーティングを施工しているところ

コーティングをしっかりとムラ無く塗り込んでいきます。

メルセデス AMG G63 エディション マットブラックにコーティングを施工しているところ

後ろのスペアタイヤカバーも外して、コーティングを塗布いたしました。

コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

最後に取り付けて完成です。

完成写真をどうぞご覧ください。

コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

お客様がまずご覧にならないルーフも、しっかりとキレイにしてコーティングしております。

メルセデス AMG G63 エディション マットブラックに施工したコーティングの撥水性

コーティングの水はじきはこんな感じです。

ゲレンデの平らなボンネットでも未施工前に比べると格段に流れや水切りがよくなっております。

メルセデス AMG G63 エディション マットブラックに施工したコーティングの撥水性

タイヤカバーの上もコーティング施工しており、バッチリと弾くようになりました。

コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

施工中の写真はありませんでしたが、ウィンド撥水コーティングも全面に施工しております。

ゲレンデは虫が当たりやすいので、汚れを落としやすくするためにもウィンド撥水コーティングはオススメです。

コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

コーティング施工後のメルセデス AMG G63 エディション マットブラック

何度見てもカッコいい車ですね。

ちなみに、最大限汚れを落としてコーティングできましたが、傷は落とすことができませんでした。

コーティングは汚れ対策にはなりますが、傷対策はあまり期待できません。

コーティングをすると汚れにくくなりますので、タオルなどでキズを付けるリスクを減らすことができます。

が、飛び石などによる傷は防ぐことができません。傷対策にはプロテクションフィルムがオススメです。

今回、新車時ではディーラーさんでコーティングされたそうですがその後のコーティングは断られたそうです。

カーハートは新車でも経年車でも対応いたします。

どうぞマット塗装のコーティングやケアにお困りの方はカーハートにご相談ください。

ご用命ありがとうございました。

5台目の施工実績を追加いたしました。

メルセデス・ベンツのコーティング:必要性やメリット、おすすめの施工内容
17種類以上のサービスを一度に施工できるカーハート

マット塗装車の施工実績

マット塗装を守る2つの方法

Mercedesの施工実績はこちら

ゲレンデヴァーゲンでよくある質問と料金について

ゲレンデヴァーゲンの施工実績はこちら

輸入車・国産車の施工実績

カーハートのコーティングが選ばれる理由

カーハートのオリジナルコンテンツ

カーハートのコーティングサービス: ディーラーと専門店を超える理由

カーハートのコーティングサービス: ディーラーと専門店を超える理由

コーティング施工においてカーハートを選ぶ理由とは何でしょうか?ご覧ください。

記事はこちら

新車の美しさを長持ちさせるための5つの必須サービス

新車の美しさを長持ちさせるための5つの必須サービス

いつまでも新車に美しく輝いてもらいたいと願うオーナー様のためのおすすめサービスをまとめました。

記事はこちら

ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

新車を超える輝きと長期的な保護を提供するボディコーティングの5大メリットを解説。コーティングは美しさだけでなく、価値も高めます。

記事はこちら

【コーティングの水弾き】撥水・疎水(滑水)・親水の違い

コーティングにおける水弾きの接触角の違い

コーティングを真剣に選びたいと思うユーザーが必ず考える、水弾き。水と親しいと書いて親水性。水と親しいとは一体?水が滑る滑水性とはどんな水弾き?一般的な撥水性が良いのか?それとも間の疎水性・滑水性がバランスが良くて良いのか?疑問はたくさんあります。

そんな水弾きに関係した情報をまとめました。

記事はこちら

【デメリットもあります】マット塗装とは? コーティングが勧められる理由

コーティングを施工したランボルギーニ アヴェンタドール SVJのSVJペイント周り

最近、ドイツ車を中心によく見かけるようになったマット塗装。他とは違う質感は普通の車とは違う、独特のオーラが魅力的です。では、マット塗装は通常の塗装とどのように違うのでしょうか?意外に知られていないマット塗装を選択するデメリットについてもまとめました。

記事はこちら

ボディーコーティングでよくいただく質問

ボディーコーティングでよくいただく質問

ボディコーティングに関するよくある質問とその回答を網羅したガイドです。新車のメリット、研磨、保護効果などを詳しく解説しています。

記事はこちら

-GENESISガラスコーティング, Mercedes-Benz/メルセデス・ベンツ, ウィンドウ撥水コーティング, ドイツ車, プロテクションフィルム, ボディコーティング, マット塗装(マットボディ)
-, , , , , , , , , , , , , ,