神戸店の電話番号

078-891-5753

営業時間 9:00-18:00 / 日曜定休

コーティングやフィルムなどを施工したMINI Cooper S 60th Anniversary Edition (F55) ミッドナイトブラック、MINI Cooper S (F56) ホワイトシルバー

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

GENESISガラスコーティング MINI/ミニ イギリス車 ウィンドウフィルム / カーフィルム プロテクションフィルム ホイールコーティング ボディコーティング 酸化チタンコート

【コーティング&フィルムなど】MINI Cooper S ミッドナイトブラック,ホワイトシルバー 2台

こんにちは、株式会社カーハート 神戸店です。

今回はMINI Cooper S 60th Anniversary Edition (F55) ミッドナイトブラック、MINI Cooper S (F56) ホワイトシルバーの2台の施工実績をご紹介いたします。

これまで日をずらして2台施工することはありましたが、同じオーナー様のお車を2台同時に施工することはカーハート初でした。

リピーターのオーナー様からのご用命で、自分用のF55と娘さん用のF56とのことです。MINIをプレゼントしてくださるお父様とは、いやはや羨ましい限りです。お父様の愛着も感じますね。

施工内容は以下の通りです。

MINI Cooper S 60th Anniversary Edition (F55)

  1. GENESIS STELLA ガラスコーティング
  2. プレミアムパック(ホイールコーティング,ウィンド撥水コーティング/全面)
  3. ウィンドフィルム / スモーク断熱フィルム / ウインコススタンダードフィルム GY-3IR
  4. 透明断熱フィルム / 運転席・助手席
  5. プロテクションフィルム / ドアエッジ
  6. プロテクションフィルム / ドアハンドル
  7. 酸化チタンコート

MINI Cooper S (F56) 

  1. GENESIS STELLA ガラスコーティング
  2. プレミアムパック(ホイールコーティング,ウィンド撥水コーティング/全面)
  3. ウィンドフィルム / スモーク断熱フィルム / ウインコススタンダードフィルム GY-5IR
  4. 透明断熱フィルム / 運転席・助手席
  5. プロテクションフィルム / ドアエッジ
  6. プロテクションフィルム / ドアハンドル
  7. 酸化チタンコート
  8. ボンネットストライプ貼付

それぞれたくさんご用命頂きました。ありがとうございます。

コーティングとストライプ貼付を施工したMINI 5ドア クーパー

ボンネットストライプは以前、ラッピングフィルムを組み合わせたオリジナルのストライプの施工実績をご紹介しましたが、今回はメーカー純正のボンネットストライプを貼付させていただきました。ご相談いただければ純正のストライプもご用意できますし、ディーラーで購入されたものを当店で貼付することも可能です。

それでは施工の様子をご覧ください。

新車での納車後でもギラついていることが多いピラーもしっかりと磨いてキレイにいたしました。

リアバンパーは外側だけでな、リアバンパーゲートステップもゲートを開けてしっかりと磨き上げます。

ボディの研磨、洗浄(研磨で使用したコンパウンドを落とす作業)を終えた後、他の施工に移ります。

今回も例外なくホイールを外して、キャリパー、ホイール裏面もコーティングいたしました。

ドアハンドルのほぼ全面を覆うことができるプロテクションフィルムを貼り付けます。

ディーラーやDIY向けで販売されているものは施工しやすいように保護面が少ないですが、業者向けのプロテクションフィルムは施工性を犠牲にしてほぼ全面を保護できるようにカットされています。

透明断熱フィルム施工前のガラスの日射透過率です。この値を70%を下回ると車検をパスできないので要注意です。

施工の様子は以上です。

それでは施工後の仕上がりをご覧ください。

納車直前に並べて撮影いたしました。明るさ・コントラストなど無加工の仕上がりをご覧ください。

まずはMINI Cooper S (F56) ホワイトシルバーをご紹介いたします。

MINIはペッパーホワイトという、クリーム色がかった白色もあるのですが、すっきりとしたより白っぽい色が今回のホワイトシルバーです。

白系の淡色になりますが、コーティングによる艶感がしっかりとでています。

  

プロテクションフィルムをドアエッジ・ドアハンドル(ドアカップ)に施工しております。

しっかりと磨き上げたピラーは黒々として輝くようになりました。

ウインコススタンダードフィルム GY-5IRを施工したリアガラスはほぼ車内が見えなくなりました。

車外から車内は一切見えませんが、車内から車外を見るとこのように明るい視界を確保しております。

運転席・助手席ガラスには透明断熱フィルムを施工しております。フロントガラスにも施工可能です。

F56の施工後の透過率は73%でした。

可愛らしい内装には酸化チタンコートを施工いたしました。 感染症の原因となるウイルスを光触媒の力で死滅させる、今注目の人気サービスです。

 

続いては MINI Cooper S 60th Anniversary Edition (F55) ミッドナイトブラック の仕上がりをご覧ください。

こちらもコーティングによるキレイな艶感がはっきりと出ております。

 

リアガラスには ウインコススタンダードフィルム GY-3IRを、運転席・助手席サイドガラスには透明断熱フィルムを施工しております。

ドアエッジ・ドアハンドル(ドアカップ)にはプロテクションフィルムが施工済みです。色が淡色でも濃色でもフィルムはほとんど見えません。

    

やっぱりリアガラスは透けていないほうがカッコよく見えると思います。

  

こちらも美しく仕上げることができました。

ウインコススタンダードフィルムの濃さについてですが、ホワイトシルバーには GY-5IR(施工後の可視光線透過率が7%)、ミッドナイトブラックには GY-3IR(施工後の可視光線透過率が4%)のフィルムを施工しておりますが、見た目にほとんど差はございません。

GY-5IRの方が若干濃さが薄く、視界が若干明るいように思えますが、明確な違いは無いように感じます。

なぜ微妙な違いのフィルムがあるか説明しますと、元々 GY-5IRが1番濃いフィルムでしたが、その後 より濃いフィルムとして GY-3IRフィルムが出された経緯があります。どちらのフィルムの性能は同じかほぼ近い値のフィルムになります。

色の濃いフィルムをご希望の方は GY-3IRのフィルムがオススメです。

美しい2台の車を完成させることができました。

両親が子どもに車を買ってあげるケースは珍しくないと思いますが、親子で同じ車に乗るのは珍しいのではないでしょうか。

老若男女に愛されるデザインのMINIならではかもしれません。

ご用命ありがとうございました。

イギリス車の施工実績はこちら

輸入車・国産車の施工実績

カーハートのコーティングの詳しい様子はこちらをチェック

コーティングについて

===

カーハートのコーティングサービスについて詳しくはこちら

最新の施工実績はこちら

コーティングのメリットについて詳しくはこちら

コーティングの水弾きの違いについて詳しくはこちら

マット塗装のコーティングについてはこちら

===

ウィンドウ(窓ガラス)のフィルムついて詳しくはこちら

プロテクションフィルムについて詳しくはこちら

ラッピングフィルム/カッティングシートについて詳しくはこちら

-GENESISガラスコーティング, MINI/ミニ, イギリス車, ウィンドウフィルム / カーフィルム, プロテクションフィルム, ホイールコーティング, ボディコーティング, 酸化チタンコート
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 神戸・宝塚のコーティング専門店 | CARHEART