お問い合わせはこちら

営業時間 9:00-18:00 | 日曜定休

コーティングやプロテクションフィルムを施工したMercedes-AMG G63 manufaktur Edition

メーカー・施工別の施工実績一覧はこちら

メルセデス・ベンツのコーティング:必要性やメリット、おすすめの施工内容
ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

GENESISガラスコーティング Mercedes-Benz/メルセデス・ベンツ ウィンドウ撥水コーティング ドイツ車 プロテクションフィルム ホイールコーティング ボディコーティング マット塗装(マットボディ) レザーコーティング/ インテリアコーティング

【マット塗装にコーティング】Mercedes-AMG G63 manufaktur Edition

2020年9月11日

こんにちは、カーハート神戸です。

今回は Mercedes-AMG G63 manufaktur Edition の施工実績をご紹介致します。

新色のマグノダークオリーブグリーン という マットグリーンをまとった 限定車です。

manufaktur Edition の manufaktur は マヌファクトゥーアと読みます。

ドイツ語で「製造・製作」を意味するそうです。

このお車が発表された後、「G マヌファクトゥーアプログラム」という完全受注生産プログラムが発表されました。

インテリアをカスタマイズして色々と豪華にでき、スペアタイヤカバーの色も選べるようになるようです。

今後はよりパーソナライズされた、ゲレンデヴァーゲンを目にする機会が増えそうです。

今回はご新規のオーナー様からのご用命を頂きました。

施工内容

  1. GENESISガラスコーティング(マット塗装)
  2. プレミアムパック(ホイールコーティング、ウィンド撥水コーティング/全面)
  3. シリコンワイパーブレード交換
  4. プロテクションフィルム / ドアエッジ 
  5. プロテクションフィルム / ドアハンドル 
  6. プロテクションフィルム / スカッフプレート 
  7. プロテクションフィルム / ドアステップ
  8. プロテクションフィルム / サイドステップ 
  9. プロテクションフィルム / リアバンパーゲートステップ (ステルス&クリア混合)
  10. プロテクションフィルム / ヘッドライト
  11. レザーコーティング / 全脚+トリムなど全て

11点と大変多くのご用命を頂きました。ありがとうございます。

プロテクションフィルムはGクラス定番のサイドステップ(ランディングボード)も含まれております。

今回施工するG63はマット塗装ですので、プロテクションフィルムはほとんどの箇所でステルスのフィルムを施工いたしました。

サイドステップとリアバンパーゲートステップのみ、通常のプロテクションフィルムで施工しております。

ちなみに、ステルスのフィルムと通常のフィルムは見た目が異なるだけで、その他の性能は同じです。

施工前の様子をご覧ください。

まずは上からスカッフプレート(ドアステッププレート)、ドアステップ、サイドステップです。

車高の高いゲレンデで乗り込むために踏みやすい箇所をプロテクションフィルムで保護致します。

(スカッフプレート周りの樹脂パーツやゴムにはプロテクションフィルムは施工できません。)

前回のG63 オブシディアンブラックに引き続き、今回もヘッドライトにプロテクションフィルム施工致します。

紫外線や飛び石対策にオススメです。

こちらの長いドアエッジにもプロテクションフィルムを施工致します。

施工前にスタッフが貼付方法を試すため、通常の塗装用のフィルムを貼っていたのですが...。

お分かり頂けるでしょうか?

ドアエッジが少しテカってしまっていることに。

せっかくのマット塗装も、これでは残念な仕上がりです。

カーハートではマット塗装の質感を損なわない ステルスプロテクションフィルムで施工致します。

施工前にはリアのスペアタイヤとカバーも取り外しました。

これでリアゲートの隅々までコーティングをすることができます。

実際の作業の様子をご覧ください。

サイドステップにプロテクションフィルムを施工しています。

パーツのなるべく広い範囲に施工しています。

端まで覆うとして攻めすぎますと、ゴムの押し返しでフィルムが浮きやすくなってしまいますので注意が必要です。

リアゲートのドアハンドルにプロテクションフィルムを施工しています。

Gクラスはしっかりドアハンドルを握らないとドアが開かないですが、その時に当たる爪のダメージから保護します。

特別装備のチタニウムグレー&ブラックのシート、ブラックアッシュウッドのトリムを丁寧にレザーコーティングを施工いたしました。

レザー専用のコーティングですので、汚れや摩擦から効果的に革を守り、長期的に美しさを維持することができます。

高級車はエクステリアと同様、インテリアにもこだわりが詰まっております。

美しいインテリアを長く綺麗に保つためにおすすめのアイテムです。

レザーコーティングを塗布するとこのように、濡れたような艶感がでますが時間の経過と共に乾燥し、施工前と同じ状態に戻ります。

しかし、ここでムラが発生するとボディのコーティング同様に目立って見えてしまいます。

ボディのコーティング同様にムラが発生しないように慎重に施工いたしました。

ボディコーティングの様子をご覧ください。

サイドミラーは通常のクリア塗装でしたので、ミニポリッシャーで細いところまでしっかりと磨き上げました。

マット塗装の車でもこういった研磨が可能なパーツは磨いてからコーティングいたします。

ボディ本体のマット塗装については様々なケミカルを使い、コーティングができる状態にボディを整えます。

ムラが発生しないように1パネルずつコーティングしていきます。

ムラがあるとせっかくのコーティングも汚く見えます。

いくつものライトを投影し、ムラになっていないか状態を確認しながら作業を進めました。

ホイールコーティングはいつもと同じく外してコーティング致しました。

22インチの大きなホイールを扱うのは大変ですが、丁寧に一本一本をコーティングしております。

全ての作業が終わりました。

ここからは完成写真をご紹介いたします。

まずはプロテクションフィルムの仕上がりをご覧ください。

ドアエッジ、ドアハンドル、スカッフプレート、ドアステップ、サイドステップ、ヘッドライトなど、擦れや傷が付きやすい箇所を中心に施工しました。

マット塗装には、専用のステルスフィルムを使用しているため、貼り付けた箇所が目立つことはありません。

リアバンパーゲートステップにも施工いたしました。

荷物を出し入れする際にゴルフバッグの金具などで、ガリッ削りやすい箇所を保護しております。

真ん中のフレームのパーツはマット塗装では無いので、通常の透明のプロテクションフィルムを施工いたしました。

パーツに合わせてプロテクションフィルムを施工いたします。

細かいことですが、エッジの角の仕上がりにもこだわって仕上げております。

まっすぐ直角に切って施工することもできますが、滑り止めの角度に合わせてカットして施工しております。

見た目が自然に仕上がるようにスタッフがこだわって施工しております。

コーティングを施工したMercedes-AMG G63 manufaktur Edition のレザー

レザーコーティングはレザーの質感や見た目を損なわず保護することができております。

ステアリングのDINAMICA、スエード調のファブリック素材にはレザーとは別のファブリック専用のコーティングを施工しております。

レザーコーティングとファブリックコーティングでそれぞれ専用のコーティングを使用しておりますが、料金は全てレザーコーティングの料金に含まれております。

ここからはボディコーティングの仕上がりをご覧ください。

サンルーフを含む全てのガラスにウィンドウ撥水コーティングを施工しております。

ルーフはオーナー様がご覧になることがほとんど無い箇所ですが、手を抜かずにしっかりとコーティングしております。

マフラーカッターにもコーティングを施工いたしました。

マグノダークオリーブグリーンの落ち着いた色合いとAMG G63の重量感のあるボディの組み合わせは、都会的でラグジュアリーな雰囲気が醸し出されて素敵です。

しかし、マット塗装は汚れやすいというデメリットがあるのも事実です。

そこで、このかっこいいけど汚れやすいというマット塗装の弱点を克服するのが、ボディコーティングです。

コーティングを施工することで汚れが付きにくくなり、洗車も格段に楽になります。

ただし「コーティングをすれば一切洗わなくても良い」というわけではありません。

定期的な洗車は必要不可欠ですが、コーティングによってその頻度を大幅に減らすことができるのです。

通常の塗装へのコーティングとは異なりマット塗装へのコーティングは、見た目がほとんど変わりません。

これは、マット塗装独特の質感を損なわないためです。マット塗装の魅力を保ちつつ汚れからしっかりと守ることができるのが、マット塗装のコーティングです。

カーハートではマット塗装のコーティングに数多くの実績がございます。繊細な塗装を傷つけることなく、美しさを長く保つ技術には自信を持っております。

オーナー様一人一人のニーズに合わせて、最適な施工プランをご提案いたします。

今回のオーナー様には大変ご満足いただくことができました。

私たちにとって、お客様の喜びの声が何よりの励みとなります。

ご用命ありがとうございました。

マット塗装のお車をお持ちの方、ゲレンデヴァーゲンにコーティングをご検討の方は、ぜひカーハートにご相談ください。

豊富な経験と高い技術力で大切なお車を守ります。ご満足いただける仕上がりをお約束いたします。

2台目 Mercedes-AMG G63 manufaktur Edition (コーティングのみ)

3台目 Mercedes-AMG G63 manufaktur Edition BRABUS Custom  (コーティング、プロテクションフィルムなど)

メルセデス・ベンツのコーティング:必要性やメリット、おすすめの施工内容
マット塗装を守る2つの方法
ゲレンデヴァーゲンでよくある質問

Mercedesの施工実績はこちら

マット塗装車の施工実績

輸入車・国産車の施工実績

無料見積実施中

お問い合わせはこちら

電話・メール・LINEでお問い合わせ可能

17種類以上のサービスを一度に施工できるカーハート
車体美に驚くリピーターが続出するボディコーティング
あらゆるダメージから車を守り続ける プロテクションフィルム
表面だけでなく 裏面もキャリパーも美しく ホイールコーティング
見た目も肌触りもいつも新車のように leather coating レザーコーティング
カーハートのコーティングが選ばれる理由

カーハートのオリジナルコンテンツ

カーハートのコーティングサービス: ディーラーと専門店を超える理由

カーハートのコーティングサービス: ディーラーと専門店を超える理由

カーハートのコーティングサービスは、ただの美しさを追求するだけでなく、長期的な車の保護を目指しています。

ディーラーや一般的な専門店を超える独自のメリットを提供し、お客様の愛車を新車時を超える輝きで長く保ちます。

専門店の技術と専用設備によるカスタマイズされたコーティングは、まさにオーダーメイドのスーツのよう。

ディーラーで満足できなかった方も、カーハートならではの質の高さにきっと満足いただけるでしょう。

お客様一人ひとりの期待を超えるサービスをお約束します。

車を美しく、かつ長持ちさせるカーハートのコーティングサービスの詳細はこちらから。

カーハートのコーティングついて詳しくはこちら

新車の美しさを長持ちさせるための3つのおすすめサービス

新車の美しさを長持ちさせるための5つの必須サービス

新車の輝きを長期間維持するため、カーハートがお勧めする3つのおすすめのサービスをご紹介します。

ボディ・ホイール・窓全面の専用のコーティングから、物理的ダメージを防ぐプロテクションフィルム、さらにはウィンドウフィルムまで、新車の美しさと快適性を保つためのサービスをご紹介いたします。

新車時の施工で、効率的かつ経済的に車を保護することが可能です。

カーハートはお客様の車を最適な状態に保つための全面的なサポートをいたします。

新車へのおすすめの3つのサービスについて詳しくはこちら

ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

ボディコーティングの秘密 : 新車を超える輝きとその他の隠れたメリット

ボディコーティングの可能性はただの輝き以上に多くを秘めています。

「新車以上の美しさ」とはどういうことか、そしてボディコーティングがどのように車を長期にわたって保護し続けるのか、この記事で徹底解説します。

耐久性の向上から、日々のメンテナンスの簡素化、さらには買取価格への好影響まで、知られざるコーティングのメリットを5つのポイントに分けてご紹介。

車を長く、そして美しく保つためにコーティングはどのような役割を果たすのでしょうか?

ぜひご一読ください。

ボディコーティングのメリットついて詳しくはこちら

黒い車のコーティング | 必要性やメリット・デメリット

黒い車のコーティング 必要性やメリット,デメリット

黒い車は人気の色ですが汚れや傷が目立ちやすく、扱いに注意が必要です。

本記事では黒ならではの特徴やその魅力、そしてその美しさを最大限に引き出し長持ちさせるための、洗車方法やメンテナンスのコツなどをご紹介いたします。

黒い車のコーティングついて詳しくはこちら

車の磨きとそのメリット、コーティングについて

車の磨きとメリット コーティングの必要性

愛車の美しさを取り戻すために「磨き」と「コーティング」の重要性をご存知ですか?私たちプロの視点から、その効果や専門店選びのポイントを詳しく解説しました。

下記のリンクから記事をご覧ください。

車の磨きとそのメリット、コーティングについて詳しくはこちら

【コーティングの水弾き】撥水・疎水(滑水)・親水の違い

コーティングにおける水弾きの接触角の違い

車のボディコーティングにおける水弾き性能の違いは、選択の決め手となることがありますが、本当はどうなのでしょうか?

撥水性、疎水性(滑水性)、親水性の特徴を理解することで、自分の車の使用状況やメンテナンススタイルに最適なコーティングを選ぶことができます。

この記事ではそれぞれの水弾き性能の違いと、コーティング選びにおいてどのように役立つかを解説しています。

コーティングの水弾きについて詳しくはこちら

【デメリットもあります】マット塗装とは? コーティングが勧められる理由

コーティング後のメルセデス マットグレー

マット塗装の魅力とは何か、そのメリットとデメリットを知りたい方へ。

独特の質感で車を際立たせるマット塗装は、多くのオーナーから注目されています。しかし、その取り扱いや特性についてはあまり知られていません。

50台以上のマット塗装車の施工実績のあるカーハートがマット塗装の全てを解説します。

マット塗装の美しさを長期間保持するためのコーティングや、メリットとデメリットを徹底比較した内容をぜひご覧ください。

マット塗装について詳しくはこちら

ボディーコーティングでよくいただく質問

ボディーコーティングでよくいただく質問

カーハートのボディコーティングに関するFAQページでは、新車の保護から日常のメンテナンスまで、よくある疑問に詳細に答えています。

新車時のコーティングの重要性、コーティング後のキズや汚れの対処法、さらにはワックスの使用や洗車機の利用についてまで、車の美しさを長持ちさせるための貴重な情報が満載です。

コーティングによる長期的な車の保護と美観維持に興味のある方は、ぜひこのページをご覧ください。

コーティングでよく頂く質問について詳しくはこちら

-GENESISガラスコーティング, Mercedes-Benz/メルセデス・ベンツ, ウィンドウ撥水コーティング, ドイツ車, プロテクションフィルム, ホイールコーティング, ボディコーティング, マット塗装(マットボディ), レザーコーティング/ インテリアコーティング
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,