【GENESISガラスコーティング】CX-8 ジェットブラックマイカ

GENESISコーティングなどを施工したMAZDA CX-8
期間限定キャンペーン
ボディ、ホイール、窓。すべてをコーティング。プレミアムパック。新車は10%OFF。

GWも終わって、あと少しで2018年も折り返しですね。2018年に入ってCARHEARTもバタバタしておりますが、残りの半年もこんな雰囲気が続くような予感がしております。

今回、ご紹介するお車は世間でも大人気、それに相まってなのかCARHEARTのWebでも大人気のお車MAZDA CX-8です。

去年の9月に発表、12月に発売が開始されましたがまだ製造が追いついていないようで、調べると3月末の時点で6月工場出荷になっておりました。本当に人気ですね。

CARHEARTにはリリースして間もない頃にマシーングレープレミアムメタリックのCX-8のご依頼をいただきました。施工実績に単体では追加していなかったのですが、CX-5 チタニウムフラッシュマイカの記事にソウルレッドクリスタルメタリックのCX-5に追加しておりました。そのためMAZDAならではのカラーが揃った珍しい施工実績になったからか、最近たくさんの方に見ていただいています。ありがとうございます。

色といえば最近LEXUSがリリースしたLexus LC Structural Blue Editionがとても綺麗なブルーをしていましたね。そのうち神戸でも走っている姿を見られるのでしょうか。実車がすごく気になっております。

さてさて、前置きが長くなりましたが今回はスタンダードカラー、しかし色にこだわるMAZDAらしく綺麗に輝くジェットブラックマイカのCX-8のご紹介です。

GENESISガラスコーティング・ホイールコーティング・ウィンド撥水コーティングがセットになったプレミアムパック(Premium Pack 略してPP)とCARHEARTが今最もイチオシのラッピング、電装取り付けをご用命いただきました。以前にもご用命いただいたお客様からでした。再びCARHEARTを選んでくださりありがとうございます。

まずはGENESISガラスコーティングをご紹介します。今回は新車でご入庫いただきましたが、しっかりボディを整えます。磨き過ぎないようにしつつも適切な研磨力で磨いていきます。ぼんやりとしたボディをクッキリさせます。養生も重要です。せっかくボディを綺麗にしたのに、ボンネットを開ければコンパウンドの粉だらけ…。なんてことにならないために重要な工程です。

今回塗ったコーティング剤は25周年に合わせてリニューアルしたGENESIS コーティングではなく、膜圧がGENESISの数倍というGENESIS STELLA コーティングを施工いたしました。詳細は鋭意準備中です。来週あたり公開できるかと思います。

少しだけ情報を公開すると上位コーティングに当たるGENESIS STELLA・GENESIS BEYOND(現在はKUBEBOND DIAMOND9H)の共通した特徴は、施工性の圧倒的悪さです。硬化速度がGENESISに比べてかなり早く、1人だけでは施工できません。複数人いても全員が作業になれていないと施工に失敗します。写真のように施工する時はプロが複数人いないとできません。今後リリースされるSTELLA・BEYONDはしっかり作業できるコーティング屋でなければできないコーティングになっています。

どんな風に仕上がったのかは後ほど…。続いてはホイールコーティングと大注目のラッピングです。

ホイールコーティングはホイールを外して行います。ブレーキキャリパーもしっかりコーティングします。

純正オプションでゴールドのキャリパーもあるようです。国産メーカーも様々なオプションが選べる時代になりましたね。

ホイールは汚れているとかなり目立ちます。汚れる前にコーティングするのがオススメです。もちろん汚れていてもしっかりクリーニングをしてからコーティングいたします。

続いては大注目のラッピングです。左右ABCピラーにカーボン調ラッピングを貼り付けます。

最近CARHEARTにジョインしたラッピング歴20年のプロフェッショナルが担当します。

初めにアプリケーションシートに形を写し、シートをカッティングします。写して切って貼るだけの一見、誰にでもできそうな作業のように思えますが、それぞれの工程にかなりの手の器用さ、経験が必要とされます。CARHEART内でも誰にでもできる作業ではありません。

貼付け作業です。剥がれないよう、そして綺麗に見えるよう丁寧に貼り付けます。

こちらの完成の仕上がりも後ほどご紹介いたします。

レーダーの取り付けも行いました。各種コーティングにラッピング、レーダー取り付け。ジャンルの違う作業を同時にハイクオリティに行える会社なかなか無いと思います。

こうして様々な工程を経て完成したしました。恒例の完成画像のご紹介です。

ボンネットの写真です。完成した後の景色が溶ける滑らかなプレスラインが美しすぎます。今回はブラックですので、特に綺麗に景色が写りこみます。

ラッピング後のピラーです。

ラッピングをすると硬派なCX-8になりますね。ちなみに左に見えるスイフトはスタッフのマイカーです。ルーフにピラーにバンパーにエンブレムもラッピングしてあります。プロテクションフィルムと同じくどこでも貼れるのがラッピングの魅力です。

ボディの完成画像です。

この景色が溶け込む鮮やかなボディ。コーティングならではの魅力だと思います。参考価格ですが税抜きでラッピングは3万円でした。新車割引や複数サービス同時依頼でのまとめて割引も行っていますので、どうぞお気軽にお問合わせください。

最後にGENESIS STELLAのステッカーのご紹介です。ボディがしっかりと撥水しているのがわかると思います。星を意味するSTELLAの輝きを産み出すことができました。GENESIS同様に、多くのお客様にご依頼いただければと思っております。本格リリースが待ち遠しいです。

以上、CX-8 ジェットブラックマイカでした。

===

カーハートのコーティングサービスについて詳しくはこちら

最新の施工実績はこちら

コーティングのメリットについて詳しくはこちら

コーティングの水弾きの違いについて詳しくはこちら

マット塗装のコーティングについてはこちら

===

ウィンドウ(窓ガラス)のフィルムついて詳しくはこちら

プロテクションフィルムについて詳しくはこちら

ラッピングフィルム/カッティングシートについて詳しくはこちら