【12/5更新】MAZDA CX-5 チタニウムフラッシュマイカ

ボディコーティングを施工したMAZDA_CX5_チタニウムフラッシュマイカ フロント下より

いつもご愛顧いただきありがとうございます。マツダCX-5 チタニウムフラッシュマイカのコーティングをご依頼頂きました。


追記①:CX-5 ソウルレッドクリスタルメタリック、CX-8 マシーングレープレミアムメタリックの施工実績を2ページ目以降に追加しました。

追記②CX-8 ジェットブラックマイカ、CX-8 ソウルレッドクリスタルメタリック の施工実績を追加しました。

KUBEBOND DIAMOND9Hなどを施工したMAZDA CX-8 ソウルレッドクリスタルメタリック 正面より

KUBEBOND DIAMOND9H ナノセラミックコーティングをコーティングしたMAZDA CX-8 ソウルレッドクリスタルメタリック

 CX-8 ジェットブラックマイカの施工実績はこちら  / CX-8 ソウルレッドクリスタルメタリックのKUBEBOND DIAMOND9H ナノセラミックコーティング施工実績はこちら


街でもCMでも良く見かける大人気のSUVです。色はチタニウムフラッシュマイカです。

実はカーハートのInstagramで先に公開していたのですが、ハッシュタグで色をなんとつけるか悩みました。

茶色とつけるには茶色っぽくないし、でも他にこれといってあてはまる色もない。

そもそもマイカって何?と思い、検索するとこちらの記事がヒット。

この記事の説明によると、マイカとは

マイカ(mica): 雲母片入り 真珠のような輝きを出す為に、光を反射・透過する石の雲母(うんも、マイカ)片を加えたもの。

とのこと。

なるほど、ただベタッと茶色を塗るだけではなく、雲母を加えることで独特の色合いが出てくるんですね。

実際、ネットにあがっているレビューを見ると「最初、茶色っぽくておじさんっぽいから選択肢に考えていなかったけども、実際見ると欧州車のようで、いい感じの渋さがある」という方が多かったです。

日本のおじさんのイメージだったけど、実際はイタリアのちょい悪オヤジのイメージだったということでしょうか。

CMや広告でメインに使われているソウルレッドクリスタルメタリックだと、SUVらしくアウトドアでも町中でも走れるというイメージでしたが、チタニウムフラッシュマイカはより都会的なイメージが強いなと思いました。

渋くて素敵なお色だと思います。結局、ハッシュタグは #マイカ で投稿しました。

それでは、恒例の作業写真です。

作業をしたのは今年の夏のことでした。

作業場にエアコンはありますが、それでもライトや車から発する熱があります。

それでも暑さに負けず、精巧な研磨で美しく磨き上げます。

新車でもまだまだ磨き上げる余地がございます。

せっかくのコーティングですので、最高の輝きにしてからコートしたいものです。

カーハートでは最高度の輝きになるように、新車であっても中古車でも磨きすぎたり磨きすぎない適度で丁寧な研磨を行っております。

ボディコーティングの風景です。

ホイールコーティングです。

スポーク一本一本を丁寧に作業していきます。

普段手の届かない裏側も施工しておけば、通常の洗車でも大変クリーニングしやすくなります。

ドアエッジにプロテクションフィルムを貼付しています。新車の時に貼り付けるのをオススメしております。

ドアハンドルには車種別になったプロテクションフィルムが用意されています。

くぼみに合わせて貼り付けます。

どうしてもシワが寄るんですが、シワを均等に分散させていくと、、、

このように綺麗におさまります。

それでは完成画像をご覧ください。

夏の松葉色とCX-5のコントラストがとても美しいです。

都会的なチタニウムフラッシュマイカの力強いボディが、よりハッキリと現れる眩いボディへと仕上がりました。

SUVはサイズも大きいので、お手入れが大変なイメージがありますが、優れたコーティングにより、簡単な水洗いでメンテナンスすることができます。

この度は当店のご利用ありがとうございました。

追記① CX-5 ソウルレッドクリスタルメタリック

追記② CX-8 マシーングレープレミアムメタリック

CX-8 マシーングレープレミアムメタリック CX-8 マシーングレープレミアムメタリック CX-8 マシーングレープレミアムメタリック CX-8 マシーングレープレミアムメタリック CX-8 マシーングレープレミアムメタリック CX-8 マシーングレープレミアムメタリック

===

最新の施工実績はこちら

カーハート神戸のコーティングサービスについて詳しくはこちら

コーティングのメリットについて詳しくはこちら

コーティングの水弾きの違いについて詳しくはこちら