【KUBEBOND DIAMOND9Hなど】MAZDA CX-8 ソウルレッドクリスタルメタリック

KUBEBOND DIAMOND9Hナノセラミックコーティングを施工したMAZDA CX-8 ソウルレッドクリスタルメタリック
2018年1・2月限定全サービス 10%OFF

CARHEARTで最も人気の施工実績がMAZDAこだわりの塗装、匠塗のCX-5 チタニウムフラッシュマイカの記事です。今回はもう1つの匠塗。ソウルレッドクリスタルメタリックのCX-8の実績をご紹介します。

神戸市のお客様から納車の数ヶ月前からご検討頂き、CARHEARTイチオシの最上級コーティングを含むご用命を頂きました。たくさんのご用命誠にありがとうございます。

ご依頼頂いたのは

  1. KUBEBOND DIAMOND9H ナノセラミックコーティング 5層
  2. プレミアムパック(ボディコーティングにホイールコーティング・ウィンド撥水コーティング(全面)が含まれたお得なパック)
  3. レザークリアコート(3列全て)
  4. プロテクションフィルム(ヘッドライト・ドアハンドル・ドアミラー・ドアステップ・バンパーステップ)
  5. ラッピングフィルム(A・B・Cピラー)

の5点です。

では早速、その模様をご覧ください。

施工前

納車直後にご入庫頂きました。

先日、発表された新型MAZDA3の発表でも使われているMAZDAイチオシの匠塗。匠塗のお車はコーティングしていなくても綺麗で艶感がありますね。しかし、コーティングのメリットはこれよりも艶を良くするのに加え、その艶や輝きを持続させる効果があります。

むしろ、匠塗などの特別な塗装やデザインにこだわれているお車こそ、もっとデザインやこだわりが際立つのでコーティングをするメリットは大きいと思います。

サイドから撮りました。

こちらのピラーにカーボンラッピングをしていきます。  

施工後から振り返ると、やはりカーボン調フィルムを施工することで印象が変わっています。どのように変わるのか、ぜひ完成写真をご覧ください。

下地処理の研磨など

ラッピングやフィルムの施工前に、全体の洗車や研磨を行いました。外で美しく見えていてもLED投光器などを使って塗装を見ると、小傷が見受けられました。

小傷がある状態でコーティングをしても効果を100%出すことはできないので、丁寧に塗装面を研磨しました。